3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

横浜西口にクラフトビール専門店「クラフトマン」 樽生31種

ビール工場の醸造風景をイメージした店内。樽生クラフトビールは冷蔵庫から店内の真鍮配管を経由して新鮮な状態で提供される

ビール工場の醸造風景をイメージした店内。樽生クラフトビールは冷蔵庫から店内の真鍮配管を経由して新鮮な状態で提供される

  • 0

  •  

 横浜駅西口・鶴屋町の飲食店専門ビル「エフテムビルNo.1」2階に3月24日、ビア・ビストロ「Craft Beer × Mex-Italian CRAFTSMAN(クラフト ビア×メックスイタリアン クラフトマン)」(横浜市神奈川区鶴屋町2)がオープンした。

樽生クラフトビールは日替わりで31種類を提供する

 樽生クラフトビール31種、国内外の150種以上のボトルのクラフトビールをそろえたクラフトビール専門店。ビール工場の醸造風景をイメージした店内で、樽生クラフトビールは冷蔵庫から店内の真鍮配管を経由し、新鮮な状態でバー内のタップから提供される。店鋪面積は約99平方メートル、席数は58席。運営は飲食事業などを手がけるプロダクトオブタイムグループ(東京都品川区)で、横浜初出店。

[広告]

 銘柄例は、樽生クラフトビール=うしとら「ゆずせぞん一刻」、ベアードブルーイング「がんこおやじのバーレーワイン」、志賀高原「House IPA」(各500円~)、ボトルのクラフトビール=デンマーク ミッケラー「ミッケルズドリーム アメリカンピルスナー」(1,200円)、ベルギー デュポン「モアネットバイオロジーク」(2,500円)、アメリカ Ballast Point「Big Eye IPA」(1,250円)など。そのほか、オリジナルクラフトカクテルやソムリエ厳選ワインも用意する。

 フードは、スパイシーなメキシカンとイタリアンを融合させたMex-Italian(メックスイタリアン)料理で、茄子とトマトのケサディア(1,380円)、ナチョスワカモレとサルサソース(780円)、魚介のPIZZA(1,480円)、ケールのサラダ(1,150円)などを提供。焼きたてクラフトピッツァは、ナポリスタイル、クリスピースタイル、カルッゾーネの3種の生地から選べる。

 プロダクトオブタイムグループ代表取締役の千倫義さんは「クラフトマンは、ビールや料理を作る職人へのリスペクトを込めた、クラフトマンシップの集合体のような店。多種多様なビールの味わい、素晴らしさをこのお店を通じて伝えたい」と話す。

 営業時間は、平日=17時~26時、金曜・祝前日=17時~27時、週末・祝日=11時30分~26時(日曜のみ24時閉店)。

 「エフテムビルNo.1」は3月24日にオープンした飲食店専門ビル。横浜初出店3店鋪、新業態2店鋪などが入居する鶴屋うまいもん横丁(略称:ツルヨコ)として展開する。テナントは、イタリアンバル「BIODYNAMIE YOKOHAMA(ビオディナミ ヨコハマ)」、たこ焼き「近藤蛸焼店」、肉屋直営欧風肉バル「グッドミート・バル」、立ち食い焼肉「治郎丸」、立ち食い焼き鳥「やきとり平助」など。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?