見る・遊ぶ

横浜赤レンガ倉庫に冬季限定スケートリンク「氷上のフルーツポンチ」

過去の様子(写真提供:FILM HOUSE AMANO STUDIO)

過去の様子(写真提供:FILM HOUSE AMANO STUDIO)

  •  
  •  

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)で、12月5日から冬季限定の野外特設スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」の営業がスタートする。

みなとみらいの夜景を見ながらスケートを楽しむことができる

 アートリンクは、毎年異なる光・音の演出を施したスケートリンク。屋外スケートリンクをキャンパスに見立て、アーティストとのコラボレーションによるアート空間を提供している。主催は横浜赤レンガ倉庫。

[広告]

 今年のテーマは「氷上のフルーツポンチ」。アーティストに原田しんやさんと関かおりさんによる夫婦イラストユニット「はらぺこめがね」 を迎え、処女作「フルーツポンチ はらぺこ印(1)」の絵本の主役である甘酸っぱいフルーツの数々がスケートリンクを彩る。テクニカルディレクションは空間演出デザインなどを手掛ける「ミラクルプロダクツ」、音楽は「Blanju(ブランジュ)」(マスターマインドプロダクション)が担当。

 前日の4日は、17時からオープニングセレモニーを開催し、国内外で活躍するシンクロナイズド・スケーティングチーム「神宮 Ice Messengers Grace」が華麗なパフォーマンスを披露。パフォーマンス終了後は一般滑走が20時まで無料になる。

 横浜赤レンガ倉庫1号館の建部あき子さんは「夫婦イラストユニット『はらぺこめがね』は、食べることが大好きで『食べ物と人』をテーマに多方面で活躍する若手アーティスト。今年もコンテンポラリーアートをより身近に感じ、参加し体験できるアートリンクを楽しんでいただけたら」と話している。

 営業時間は平日=13時~22時、土・日曜・祝日=11時~22時(クリスマスシーズン、年末年始は特別営業時間)。入場料は大人(高校生以上)=500円、小中学生=400円、3歳以上=300円。貸靴料=500円、付き添い観覧料=200円。2016年2月21日まで(2月16日は休業)。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?