新型コロナ関連速報5日:市755人/県1939…

買う

横浜高島屋で「チャリティーサンタ人形」販売 途上国の食糧支援

©Raymond Briggs / Blooming Productions Ltd. 1991-2015

©Raymond Briggs / Blooming Productions Ltd. 1991-2015

  • 0

  •  

 横浜タカシマヤ(横浜市西区南幸1)の1階特設会場で11月25日から、クリスマスのチャリティー活動につながる「オリジナルチャリティーサンタ人形」の販売が始まる。

[広告]

 チャリティーサンタ人形は、絵本「スノーマン」の作者レイモンド・ブリッグズさんがデザインしたキャラクター。1995年から毎年クリスマスのチャリティー企画として全国のタカシマヤで発売されている。2006年にWFP国連世界食糧計画への寄付がスタートし、昨年は総額5,865,900円を寄付した。

 毎年デザインが変わり、今年は「夢や希望が詰まった星を大切にするサンタさん」をテーマに、高さ約5センチのサンタ人形(300円)を販売する。販売数はタカシマヤ全店で限定66,600点(19店舗計)。売上の一部は、国連WFPが途上国で実施する食糧支援活動に充てられる。

 発売初日25日には、世界の飢餓と貧困に対する食糧支援活動をサポートする国連WFP協会(西区みなとみらい1)のボランティアがチャリティーへの賛同を呼び掛ける。開催時間は、サンタ人形の販売=10時~20時、ボランティア協力=10時~16時(予定)。

 国連WFP協会は「毎年デザインが変わるのを楽しみにしているファンも多く、発売初日は、横浜を中心に活動する学生から社会人まで幅広い層のボランティアが集まる。気軽に参加していただくことで、飢餓問題への関心を高め、支援の輪を広げたい」としている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース