見る・遊ぶ

西戸部で石塚隆則さん個展「けものアパートメント」 パフォーマンスも

©Raymond Briggs / Blooming Productions Ltd. 1991-2015

©Raymond Briggs / Blooming Productions Ltd. 1991-2015

  •  
  •  

 野毛山動物園裏手の住宅街にあるアーティストの共同スタジオ兼住居「ヨコハマアパートメント」(横浜市西区西戸部町2)で11月22日から、現代美術家・石塚隆則さんの個展「けものアパートメント」が開催されている。

天井高5メートルの共用部の階段や壁面を活用して展示

 石塚さんは、1970年横浜生まれ。人間と同じ哺乳類でもあり、スピリチュアルな神・森の精霊でもあるという「けもの」をモチーフにした絵画や彫刻作品などを発表してきた。都内や横浜での個展のほか、「TRANS ARTS TOKYO」(2012・2013年)や「進撃の巨人展」(上野の森美術館、2014年)にも参加している。

[広告]

 今回は、新作を含む大型の彫刻作品のほか、映像作品とその原画の「けものたち」100体以上を、会場の共用部と住居の一室を使って展示。「映像からけものたちが空間に溢れ出すようなイメージで作った」という。

 23日には、舞踏家の苫野美亜さんをゲストに迎え、パフォーマンスイベント「けものまつり」を開催。空間からインスピレーションを受けたダンスを披露する。

 展示は28日まで。開場時間は12時~19時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?