3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

「日産アートアワード」2代目グランプリに毛利悠子さん 「駅もれ」に着目

(左から)オーディエンス賞を受賞した久門剛史さん、日産自動車CEOのカルロス・ゴーンさん、グランプリを受賞した毛利悠子さん

(左から)オーディエンス賞を受賞した久門剛史さん、日産自動車CEOのカルロス・ゴーンさん、グランプリを受賞した毛利悠子さん

  • 0

  •  

 日産自動車(横浜市西区高島1)が創設した現代アートのアワード「日産アートアワード2015」の授賞式が11月24日、BankART Studio NYK(中区海岸通3)で行われ、グランプリに毛利悠子さんが選ばれた。

毛利悠子さんの作品「モレモレ:与えられた落水 #1-3」

 2013年に同社の創立80周年を記念して創設された同アワードは、将来性のある日本の優れたアーティストの活躍を支援することを目的に隔年で開催。今年は33人の候補者から秋山さやかさん、久門剛史さん、石田尚志さん、岩崎貴宏さん、ミヤギフトシさん、毛利悠子さん、米田知子さんの7人の日本人アーティストがファイナリストとして選出され、今回のために制作した新作を11月14日から同会場で展示している。

[広告]

 審査委員は、森美術館館長の南條史生さん、パレ・ド・トーキョー館長のジャン・ド・ロワジーさん(フランス)、オークランド美術館館長のラーナ・デヴェンポートさん(ニュージーランド)、カムデン・アーツ・センター館長のジェニー・ロマックスさん(イギリス)、シンガポール国立美術館館長のユージン・タンさん(シンガポール)。

 グランプリは、駅の構内で見かける水漏れ現場に着目した作品「モレモレ:与えられた落水 #1-3」を発表した毛利悠子さんが受賞した。グランプリ受賞者には、賞金300万円と、「カムデン・アーツ・センター」協力で2カ月のロンドン滞在の機会が与えられる。

 毛利さんは1980年神奈川県生まれ。日用品や機械で構成した立体物を環境に寄り添わせ、磁力や重力、光など目に見えない力を感じるインスタレーションを制作し、「ヨコハマトリエンナーレ2014」(横浜美術館、2014年)、「Unseen Existence」(Hong Kong Arts Centre、香港、2014年)など国内外の展覧会に参加してきた。

 展示期間中に行われた来場者投票によって選ばれたオーディエンス賞は、久門剛史さんが獲得。過ぎゆく時間をさまざまな音や電球の光、立体作品で表現した。

 審査委員長の南條さんは「日本のアーティストを国際的な舞台に乗せる基盤が作れるのでは」と話した。

 展覧会は12月27日まで。開館時間は11時~19時。入場無料。11月28日には、グランプリ受賞者によるトークが開催される。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?