3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

シェアオフィス「mass×mass関内」に山北町の間伐材を使った新スペース

壁やデスクにヒノキやスギ、サクラなどの間伐材を使う

壁やデスクにヒノキやスギ、サクラなどの間伐材を使う

  • 0

  •  

 ビジネスインキュベーション拠点「mass×mass 関内フューチャーセンター」(横浜市中区北仲通3)に3月2日、神奈川県山北町の間伐材を内装に使ったシェアオフィス「TENTO」がオープンする。

山北町の間伐材を内装や家具に使用する

 「mass×mass関内」は、社会起業家の支援拠点として2011年3月に開設。神奈川県中小企業共済会館の1階にイベントスペースとコワーキングスペース、2階に間仕切りのあるシェアオフィスを備え、現在個人・団体合わせて約80組が入居している。運営は関内イノベーションイニシアティブ。

[広告]

 今回2階の空きスペースを新たに賃借し、95平方メートルを増床。既製流通品のラックと間伐材を組み合わせ、10社~12社が入居できるブースを設置した。アイボリィアーキテクチュア(中区末吉町)が設計を担当し、壁や棚に加工を施したり、新たな家具を作ったりできるよう、間伐材を常時ストックする。

 準備段階では、横浜の水源である山北町を身近に感じてもらい、より多くの人にオフィス作りに関わってもらおうと、山北町と横浜の両方で間伐材の活用を考えるワークショップも実施。山北町森林組合と連携し、間伐材の流通と人の交流を促進する企画を今後も予定している。

 関内イノベーションイニシアティブの森川正信さんは「林業や社会的課題の解決に関心のある人、そういった人たちと積極的に交流し、アクションを起こしたい人に入ってほしい」と話している。

 入居費用は月額3万円~(水道光熱費込み)で、初期登録料10,800円、保証金賃料2カ月分。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?