新型コロナ関連速報:市1705人/県3729人

開業23年「インターコンチ」が客室リニューアル-洗練された大人のくつろぎ空間

客室「リニューアルデラックス」

客室「リニューアルデラックス」

  • 0

  •  

 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル(横浜市西区みなとみらい1)は1月から客室リニューアルを本格的に開始し、順次稼働している。

[広告]

 同ホテルの今年のテーマは、「ラグジュアリーの追求~本物の上質とは」。1月の工事を皮切りに全594室ある客室の約3分の1に相当する190室を年内にリニューアルするとしている。第1期工事は1月19日に終了し、順次販売開始。2015年より、クラブ インターコンチネンタルフロアとスイートルームの改修にも着手し、2年かけて全客室の約9割にあたる客室を改装予定。客室の名称は「デラックスルーム」から新名称「リニューアルデラックス」に変更する。

 改装コンセプトは「Simply Elegant(シンプリー・エレガント)~空・風・光 コントラストの共存」。横浜港を一望するベイフロントの景観を五感で楽しめるよう、同ホテルならではのロケーションを生かしたシンプルな室内空間にした。

 客室は、海をイメージした深いブルーのカーペット、重厚感あるブラウンをベースカラーにしたモダンで機能的な家具、落ち着いた色調のファブリックで演出。また、人間工学に基づいたエルゴノミクスチェアの導入、機能的な照明や全室無線LAN完備、備え付けのユニバーサルプラグを配備するなど、ビジネス利用者にとっての快適性と機能性も追及している。客室は横浜港を臨む「海側」、観覧車が見える「街側」の2タイプ。宿泊料金は日程による。

 同ホテルでは、客室リニューアルを記念し、REBIRTH「コンフォートステイ~海辺のやすらぎ~」(1室2人25,000円~)、REBIRTH「エレガントステイ~海辺のきらめき~」(1室2人35,000円~)の2種類の特別プランを用意。エレガントステイの朝食では、ふわふわの食感が人気の「究極のフレンチトースト」が味わえる。REBIRTHプランは4月24日まで。

 同ホテル総支配人の高沢朝美さんは、今回の改装について「これまで細かいリニューアルはあったが、デザインを変えての大規模リニューアルは同ホテル開業以来初めて。生まれ変わった客室は『洗練された大人のくつろぎ空間』として、シンプルでありながらラグジュアリー感を追求した」と説明。

 また、「みなとみらいエリアへの企業進出、大型商業施設のオープンもあり、ホテルの景気は昨年から上向き傾向。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催時には、更なる来街者の増加を予想している。今後もみなとみらいの老舗ホテルとしての誇りを持ち、お客様に上質なサービスと体験をお届けしたい」と話している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース