3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

崎陽軒が人気キャラクター「ひょうちゃんグッズ」を発売

「ひょうちゃんグッズ」

「ひょうちゃんグッズ」

  •  
  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は10月31日、同社の人気キャラクター・ひょうちゃんがデザインされた新商品「ひょうちゃんグッズ」の販売を開始する。

磁器製の小皿「ひょうちゃん小皿」

 ひょうちゃんは、1955年より同社のシウマイ弁当の箱に入っている、白いひょうたん型の磁器製しょう油入れのキャラクター。ひょうちゃんは、漫画家の横山隆一さんが、しょう油入れに「目鼻をつけてあげよう」とさまざまな表情を描いたのがはじまりで、「ひょうちゃん」の名付け親も横山さん。2003年より横山さんによる3代目のひょうちゃんが利用されている。

[広告]

 今回発売するグッズは、ひょうちゃんファンの声を反映して開発。商品は、ABS樹脂製のしょう油さし「ひょうちゃんしょう油さし」(630円)、磁器製のマグカップ「ひょうちゃんマグカップ(オレンジ・ブルーの2色)」(各630円)、シウマイとしょう油を盛り付けるスペースが分かれた磁器製の小皿「ひょうちゃん小皿(レッド、ブルー、グリーンの3色)」(各420円)。ひょうちゃん小皿には、電子レンジで温めて食べる要冷蔵商品「おいしさ長もちシリーズ」とともに誕生した「長もち3ゾウ」のキャラクター「あっためるゾウ」「長もちするゾウ」「贈るゾウ」も友情出演している。

 ひょうちゃんグッズは、同社の通信販売WEBサイトのほか、崎陽軒本店ショップ、桜木町駅店、中華街大通り店、ランドマークプラザ店、横浜ワールドポーターズ店、プチミュージアムショップなど、神奈川県内の9店舗で販売。

 神奈川・東京を中心とする同社直営約150店舗では、ひょうちゃんをモチーフにしたバルーントートがもらえる「ひょうちゃんみ~つけた!秋のバルーントート プレゼントキャンペーン」を11月17日まで実施している。

 崎陽軒 広報・マーケティング部の若林隆三さんは「ひょうちゃんは、横浜の方はもちろん、全国の方から愛され続ける、シウマイとは切っても切れない関係のキャラクター。シウマイを食べるときに『ひょうちゃん』がいつでもそばにいるように3種類のグッズをご用意した。かわいらしいひょうちゃんグッズがシウマイを食べる楽しみをまた一つ広げてくれるのでは」と話している。

 プチミュージアムショップは、10月31日に崎陽軒の横浜工場内(都筑区川向町675)にオープンする新スポット。シウマイの製造工程や崎陽軒の歴史など、同社で2003年より実施している工場見学の一端を予約なしで体験できるほか、工場できたてのシウマイや肉まんなどを通常よりも安価で提供する。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?