新型コロナ関連速報:市950人・県1814人を…

食べる

横浜ベイクォーターに調味料販売「茅乃舎」-無添加調味料や食材を提供

「茅乃舎(かやのや)横浜ベイクォーター店」の内装(イメージ)

「茅乃舎(かやのや)横浜ベイクォーター店」の内装(イメージ)

  • 0

  •  

 横浜ベイクォーター(横浜市神奈川区金港町1)3階に7月19日、自然食料理レストランから生まれた調味料や食品を扱う「茅乃舎(かやのや)横浜ベイクォーター店」がオープンする。

[広告]

 福岡県にある自然食料理のレストラン「久原本家 茅乃舎」は、地元の食材や自家製調味料などを使った料理を提供している。今回オープンする同店は、レストランのお客さんのリクエストから生まれただしなどの加工食品や無添加調味料を取りそろえる。全国10店舗目で、横浜では初出店。

 店舗面積は45.6坪。内装は、和テイストのインテリアを施し、産地にこだわった調味料や加工食品、鍋などの調理器具を、「木」を基調としたディスプレー棚に並べる。

 販売する商品は、真昆布、ウルメイワシ、焼きあごなどを粉末にし、しょうゆと塩で味付けした「茅乃舎だし」(375円~)や、国産唐辛子に山椒、柚子、胡麻などを練り合わせた香り高い「生七味」(1,260円)、濃縮タイプの万能調味料「茅乃舎つゆ」(945円、500ml)、自社醸造酢使用の「飲む酢・あまおう」(1,155円)、「つぶぽん酢」(735円、230g入)、「十穀米」(1,050円、300g入)、「手作りバウムクーヘンプレーン」(1,575円)など。

 久原本家営業販売部・河邉香里エリアマネージャーは「創業は明治26年、今年で創業120年を迎えた。茅乃舎の商品はすべて化学調味料・保存料無添加。人気の『茅乃舎だし』は、『自然食レストラン 茅乃舎』の料理人の味を家庭でも手軽に楽しんでいただきたいとの思いから生まれた。ぜひ、ご来店ください」と話している。

 営業時間は11時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース