新型コロナ関連速報:市743人/県1990人

食べる 学ぶ・知る

横浜駅で福島県いわき市の「フラガール」が観光キャンペーン

フラガールによるポリネシアンショーの様子

フラガールによるポリネシアンショーの様子

  • 0

  •  

 JR横浜駅西口で8月30日、福島いわきエリア観光復興イベント「来てくんちぇ!いわき・福島 全国キャラバン」が開催される。

[広告]

 全国キャラバンは、いわき市全体で取り組む東日本大震災以降初の観光復興イベントで、いわき市、いわき商工会議所、いわき湯本温泉旅館協同組合、いわき観光まちづくりビューロー、常磐興産で構成される「いわき観光共同キャンペーン実行委員会」が主催。

 スパリゾートハワイアンズを運営する常磐興産(福島県)は、震災復興への願いを込めた「フラガール全国きずなキャラバン」を展開しており、今回はその一環として、同キャラバンの専属ダンシングチームが「来てくんちぇ!いわき・福島 全国キャラバン」に出演する。

 当日は、スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム「フラガール」9人がパフォーマンスを披露するほか、いわきエリアの物産展、観光情報の紹介などを行う。フラガールの出演は11時~/13時~/14時30分~/16時30分~(計4ステージ)。

 物産展では、いわきの夏野菜をはじめ、漬け物、佃煮、珍味。そのほか、銘菓「じゃんがら」、塩まんじゅう「塩屋崎」、胸ポケットに復興応援タグがついた衣料品「いわきアロハ」などを販売する予定。

 スパリゾートハワイアンズ広報担当の木田真市さんは「約50年前にエネルギー革命が押し寄せ、いわき市の炭鉱町が閉山の危機の際に、フラガール1期生にあたる先輩たちが地域再生のためにハワイの踊りによる町おこしプロジェクトを立ち上げ、町を救った。今回は、フラガールの後輩たちが、被災地に笑顔になってほしいという思いで46年ぶりに全国巡業を行っている。フラガールが一丸となり復興に向けたメッセージを発信します」と話す。

 開催時間は10時~17時。いわき市内の観光施設の復興は徐々に進んでおり、スパリゾートハワイアンズは10月1日に営業を再開する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース