桜木町駅前「コレットマーレ」に127店舗が出店-3月19日開業

3月19日に開業する「TOCみなとみらい」外観

3月19日に開業する「TOCみなとみらい」外観

  • 0

  •  

 不動産賃貸のテーオーシー(東京都品川区)は、3月19日に開業するショッピングタウン「コレットマーレ(ColetteMare)」に入居するテナント127店舗の概要を発表した。

 コレットマーレは、JR桜木町駅前のみなとみらい21-28街区(横浜市中区桜木町1)に位置する、地上19階・地下1階の大型複合施設「TOCみなとみらい」の地下1階から7階にかけて展開される、総施設面積の約4割を占める大型ショッピングタウン。

[広告]

 施設は、30代男女をメーンターゲットとし、コンセプトは「ヨコハマ発・ショッピングリラックス」。ファッション店を中心に日本及び神奈川エリア初出店48店舗、新ブランド13店舗を含む127店舗が出店する。

 代表テナントは、神奈川県初進出のイギリス発ハイストリートファッションブランド「TOPSHOP / TOPMAN(トップショップ / トップマン)」、アメリカL.A.発セレクトショップ「kitson(キットソン)」など。そのほか、タワーレコードや飲食店、スイーツショップ、ジュエリーショップ、ビューティ系サロン、保険サロン、医療モールなどが入居する。

 各階は、地下1階=日常生活シーンをより便利にする店舗を集めた「デイリーライフサポート」フロア、1階~4階=テーマ(スタイルコンシャスラウンジ、フェミニン&コンテンポラリーセレクション、ナチュラル、アーバンユニセックスワールド)ごとに分類した「ファッション&ライフスタイル」フロア、5階=上質感とこだわりのホビー&カルチャーアイテムほか、ビューティーゾーンを備える「カルチャー&フェイバリット」フロア、6階~7階=日常使いとビジネスシーンなど対応別に分けた「レストラン&ダイニング」フロアで構成される。

 「コレットマーレ」は総ガラス張りの外壁に天井高4~5メートルの開放感ある施設で、日中は陽光が差し込み、日没後は港に近接した外壁部分をLEDライティングアートにより風と波をイメージした光演出を行う。

 コレットマーレの広報担当者は「『コレットマーレ』は全テナントの約半数が日本・神奈川・横浜エリア初出店、または新ブランド。一日中お楽しみいただけるよう、ファッションをはじめとしたさまざまな人気テナントがそろいます」と話している。

 営業時間は物販・サービス店舗=11~20時、飲食店舗=11~23時(一部店舗は異なる)。

 「TOCみなとみらい」は敷地面積1万840平方メートル、延床面積10万5,871平方メートルの複合施設。テナント構成は、神奈川県最大級となる13スクリーンを持つシネマコンプレックス「横浜ブルク13」(6~9階)。幅40メートルのパノラマウィンドウを備えたフィットネスクラブ「MM Begin(エムエムビギン)」(7~8階)。客室数240室のホテル「ニューオータニイン横浜」(10~19階)。10~17階はオフィスフロア。駐車場は550台(自走式)収容。同ビル2階部分が桜木町駅前広場の「歩く歩道」に接続する。

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?