新型コロナ関連速報:市4977人/県12432…

学ぶ・知る

「横浜みなと博物館」がリニューアル 映像・展示・体験で横浜港を学ぶ

横浜みなと博物館外観

横浜みなと博物館外観

  • 200

  •  

 横浜みなと博物館(横浜市西区みなとみらい2)が6月28日、リニューアルオープンした。

地下1階常設展示室の様子

[広告]

 同館は1989(平成元)年、開港130周年を記念して「横浜マリタイムミュージアム」としてオープン。開港150周年に当たる2009(平成21)年にリニューアルし、現在の「横浜みなと博物館」に改称した。国指定重要文化財である帆船日本丸が浮かぶ1号ドック前の広場に面しており、「歴史と暮らしのなかの横浜港」をテーマにした展示を行う。

 2021年6月から再度リニューアルするため休館していたが、この度、工事を終えた。船の模型や歴史資料の展示の他、VRシアターやシミュレーター等、体験型のコンテンツをそろえる。

 新たに設置したVRシアター「みなとカプセル」は、横7メートル、奥行き3.5メートル、高さ3メートルの空間の前面・左右・天井・床の5面に大型LEDスクリーンを設置した展示物。帆船日本丸の航跡や総帆展帆(そうはんてんぱん=全ての帆を広げること)の様子、ドローンで撮影した横浜港の映像等を上映する。「横浜港操船シミュレーター」「ガントリークレーンシミュレーター」では、船やコンテナの積み下ろしクレーンの操縦を体験できる。

 展示物のリニューアルと同時に、多言語案内サインの拡充や常設展示室天井の耐震化も行った。併設する柳原良平アートミュージアムもリニューアルし、展示品を入れ替えた。柳原さんは横浜・山手を拠点として港と船にまつわる創作に取り組んだイラストレーター。

 青木治館長は「新たにVRシアターやプロジェクションマッピングなどの最新の映像機器を取り入れ、横浜港や船についてこれまで以上に楽しみながら、知り、感じ、学ぶことのできる施設としました。リニューアルを機に一人でも多く横浜港、船そして海のファンになっていただけるようスタッフ一同努めてまいりますので、市民をはじめ多くの皆さまのご来場を心からお待ちしております」とコメントしている。

 開館時間は10時~17時。月曜休館(祝日の場合は開館し、翌日休館)。入館料は、一般=500円、65歳以上=400円、小・中・高校生=200円。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース