新型コロナ関連速報5日:市755人/県1939…

食べる 買う

横浜ビールに新シリーズ「缶生ビール」 コンセプトは「店で飲みたい缶生ビール」

新商品「缶生 DEEP LOCAL -session IPA-」

新商品「缶生 DEEP LOCAL -session IPA-」

  • 65

  •  

 クラフトビールを製造販売する「横浜ビール」(横浜市中区住吉町6)が6月20日、新シリーズ「缶生ビール」の第1弾として「缶生 DEEP LOCAL -session IPA-(ディープローカルセッションアイピーエー)」の販売を始めた。

新シリーズのコンセプトは「店で飲みたい缶生ビール」

[広告]

 生ビールとは熱処理をしていないビールのこと。クラフトビールは缶での販売が主流になってきていることと、たる生ビール(ドラフトビール)の提供が難しい飲食店があることに着目し、「店で飲みたい缶生ビール」をコンセプトに新シリーズを開発した。

 新商品は、飲食店やビアバーの店舗関係者を対象に行ったアンケートを集計し、最終候補4種類のビアスタイルからSNSの一般投票で選ばれた。セッションIPAとはIPA(インディアンペールエール)よりアルコール度数を低くしたビールで、「宴会(セッション)の始めから終わりまで飲み続けられる」という意味が込められている。

 深田優醸造長は「横浜ビール初の試みとして、香りを最大限に生かすドライホッピングを行い、ネルソンソーヴィンのホップ1種類のみ採用した」と特徴を説明する。

 ラベルデザインを担当した「14product(イチヨンプロダクト)」代表の木村薫さんは「『工場でたる詰めされるのと同じ新鮮な生ビール』という直送らしさを演出するため、工場で印刷された伝票をイメージして仕上げた。缶ビールを飲食店で提供することをポジティブに捉えてもらえるよう、銀の紙を用いて缶の存在感をあえて強調。本来であれば缶の裏側に記載する成分表示をメインに据え、クラフトビールらしく深田醸造長のサインも取り入れた」と話す。

 アルコール度数は4.5%。350ミリリットル入りで希望小売価格は618円(税別)。飲食店で提供するほか、酒店やデパートなどでも扱う。1500本限定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース