新型コロナ関連速報28日:感染者数最多更新

見る・遊ぶ

横浜赤レンガ倉庫前で「海に浮かぶ12K映像」 宇宙と国内の初日の出映像をつなぐ

1月1日のサンライズ・リレーの模様

1月1日のサンライズ・リレーの模様

  • 405

  •  

 横浜赤レンガ倉庫前の海上で、長さ55メートルの洋上ワイドビジョンを使った「海に浮かぶ12K映像アートミュージアム 海と空の境界展」が、12月31日から1月3日まで開催される。

「海と空の境界展」会場

[広告]

 日本電信電話(東京都、以下NTT)のNTT人間情報研究所が横浜市と協力して実施、2022年元旦には特別ライブ「SUNRISE RELAY(サンライズ・リレー)」を上映する。

 ライブは、国際宇宙ステーション(以下ISS)から撮影した宇宙からの日の出の様子と、高知県の桂浜と長崎県の稲佐山の国内2拠点から12K超ワイド合成映像による初日の出を、リアルタイムで中継する。

 宇宙からの映像は、ISSの日本実験棟「きぼう」にある、宇宙と地上を双方向につなぐ番組スタジオ「KIBO宇宙放送局」の協力で、日本上空を通過する際に「宇宙の初日の出」をライブ撮影し、会場に伝送する。

 「境界をテーマにした12K映像アート作品」も定期上映。スポーツ、環境、観光など多様なテーマの作品を、12K映像の臨場感や表現力を感じながら楽しむことができる。横12K映像のワイド映像は、複数の4Kカメラ映像をリアルタイムにつなげて合成する。

 NTTと横浜市はイベント開催にあたり、「2020年から続く新型コロナウイルスによる分断、人と人との距離、そしてそれを乗り越えようとしている人々に対し、新しい年に向けて『つながり』というメッセージを届けたい」とコメントしている。

 開催日時は、サンライズ・リレーが2022年1月1日、6時~8時。定期上映「境界をテーマにした12K映像アート作品」は、12月31日~2022年1月3日、8時~21時(3日は16時まで)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース