新型コロナ関連速報2日:市内3人/県内10人

見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

横浜市「都市デザイン」50周年講演会 講演会に創成期の関係者が登壇

プレ展示では年表や資料のほか、旧市庁舎の都市デザイン室で使用されていた机も展示。歴代の都市デザインの担当者らはこの机を囲んで議論を交わしていた。

プレ展示では年表や資料のほか、旧市庁舎の都市デザイン室で使用されていた机も展示。歴代の都市デザインの担当者らはこの机を囲んで議論を交わしていた。

  • 343

  •  

 1971(昭和46)年に始まった横浜市の「都市デザイン」が、今年で50周年を迎えたことを記念し、市の都市整備局都市デザイン室が「都市デザイン記念事業」を開催する。

登壇者略歴 横浜市「都市デザイン」50周年講演会壇

[広告]

 横浜・都市デザインの50年を振り返り、都市横浜の未来を描くことを目的とし「講演会」「プレ展示」「展覧会」を実施する。

 第1回「講演会」は10月30日にオンラインで配信。テーマは「横浜都市デザイン~個性あるまちなみの原点を探る~」として、市の「都市デザイン」の立ち上げに関わった岩崎駿介さんと国吉直行さんが登壇、早稲田大学社会科学総合学術院教授で建築家・都市デザイナーの卯月盛夫さんがファシリテーターを務める。

 第2回「講演会」は12月17日に予定し、テーマは「身近な地域資源をいかした魅力づくり~水とみどりのまちづくり~」。その後「歴史をいかしたまちづくり」「みなとみらい21地区や港北ニュータウン等のグランドデザイン」「官民の創造的協働」と回ごとにテーマを決め、続ける。

 市役所2階のプレゼンテーションスペースでは10月19日からプレ展示が行われている。プレ展示では、都市デザインの取り組みを10年ごとに紹介し、変遷や考え方、街の魅力の背後にある工夫を伝えている。31日までが1970年代、11月2日~14日が80年代、11月16日~29日が90年代、1月8日~20日に2000年代、1月22日から2月2日に2010年代を紹介する。

 2022年3月にはBankART KAIKO(横浜市中区北仲通5)で大規模な展覧会を開催予定。都市デザインの50年を俯瞰し、取り組みや、価値観、思想などをわかりやすく伝える。

 都市デザイン室長の梶山祐実さんは「横浜の都市デザインは良い形で民間とともに携わってきた。『これからのまちをどう作っていくのか』を一緒に考える機会を作りたい」と話す。

 第1回「講演会」の開催時間は13時30分~16時。予約不要・参加無料。ユーチューブ(youtu.be/26yywPnMVxc)で生配信する(視聴無料、申込み不要)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース