新型コロナ関連速報21日:市内17人/県内39…

暮らす・働く

横浜市が12歳から64歳の市民へのワクチン接種券発送スケジュールを発表

  • 652

  •  

 横浜市は6月16日、12歳から64歳までの市民に対する新型コロナウイルスワクチン接種の個別通知(接種券)の発送スケジュールを発表した。

接種スケジュール(イメージ:6月16日現在)

[広告]

 64歳以下の市民の個別通知の対象者は約245万人。横浜市では、国の通知や職域接種の開始などの状況をふまえ、6月23日から64歳以下の市民への個別通知を行う。接種については、基礎疾患がある方の優先接種者から順次開始する。

 対象者と発送予定日は、60~64歳(約21万人)= 6月23日、50~59歳(約59万人)=6月30日、40~49歳(約56万人)= 7月7日、30~39歳(約44万人)=7月13日、20~29歳(約41万人)=7月19日、12~19歳(約24万人)=7月26日。

 接種スケージュールは、優先接種対象者(基礎疾患を有する方・高齢者施設等の従事者)の予約開始が7月5日。

 優先接種者以外は、個別通知が届いても、横浜市の接種会場ではすぐに接種できない。接種時期や予約に関する通知は8月以降に送付する。職場や大学等で接種を受ける際には、個別通知に同封の接種券と予診票を使うことができる。

 ワクチン接種を受けられるのは、満12歳に達した方で、個別通知は12歳に達し次第、順次送付する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース