新型コロナ関連速報:市内8人/14人

フォトフラッシュ

横浜市のワクチン接種「個別接種」 直接予約が可能な医療機関も

横浜市は5月17日、「個別接種」の予約の受付を開始した。市は「予約専用サイト(WEB)・予約センター(電話)」と「個別接種」を受け付ける約600カ所の医療機関名を公表している。「個別接種」は、横浜市の「予約専用サイト・予約センター(TEL:0120-045-112)」経由で予約を受け付ける医療機関(基本型)と、直接予約を受け付ける医療機関(サテライト型)の2通りがある。「予約専用サイト・予約センター」経由で予約をする基本型の医療機関では、医療機関に直接問い合わせても予約ができず、市は「通常の診療に影響を及ぼす恐れがあるため、基本型の医療機関に対しては直接問合せを控え、予約センターに電話を」と呼びかける。直接予約を受け付けるサテライト型の医療機関への予約方法は、電話や医療機関の独自サイトからなど各医療機関ごとに異なる。直接予約ができる医療機関リストは横浜市ホームページに区別に掲載しているほか、区役所や地域ケアプラザ、地区センターに冊子を配架し案内する。接種会場ごとの予約方法は厚生労働省のコロナワクチンナビで検索可能。「個別接種」は、基本型が5月24日から、サテライト型は31日から順次行う。居住している区以外の医療機関でも接種が可能。接種は全額国費で行い、自己負担はない。

  • 69

  •  

横浜市は5月12日、政府方針に沿って7月末までに高齢者へのワクチン接種を完了させるために、大規模な接種会場を設置するなどの接種計画を見直しを発表した。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース