新型コロナ関連速報13日:市内50人/県内17…

フォトフラッシュ

神奈川県がLINEによる「新型コロナウイルスワクチン キャンセル枠有効活用システム」を導入

神奈川県は6月1日、貴重なワクチンを無駄にしないため、LINEによる「新型コロナウイルスワクチン キャンセル枠有効活用システム」を導入すると発表した。ワクチン接種機関(集団接種会場、医療機関)において、当日キャンセルなどにより余剰ワクチンが生じた場合、事前にキャンセル待ちの登録をした人に通知し、ワクチン接種予約のマッチングを行うシステム。ワクチン接種機関とキャンセル待ち希望者は、県のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」等を通じて、事前登録を行いう。接種機関で余剰ワクチンが生じた場合に、接種機関が余剰枠を登録すると、キャンセル待ち希望者に通知が届き、先着順で予約を受け付ける。予約登録者は、予約確定通知を受信した後、接種機関で接種を受けることができる。開始日は6月7日。導入当初は地域を限定して集団接種会場を対象に試行的に実施し、順次、対象となる地域や機関を拡大する。

  • 0

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース