新型コロナ関連速報27日:市内54人/県内16…

暮らす・働く

横浜市が新型コロナウイルスワクチン接種の時期・手法を発表 

  • 337

  •  

 横浜市は2月16日、4月に予定している新型コロナウイルスワクチン接種の開始に向けて、対象者別の接種時期や個別通知、接種手法について発表した。

 横浜市は、国の示す接種順位に従い、原則として横浜市内に居住する方を対象に、3月下旬から市民の皆様に個別通知を発送する。発送後のコールセンターへの問い合わせや予約集中を避けるため、対象者ごとに発送時期をずらして通知を送付する。

[広告]

 対象者と市内対象者数、接種券発送時期の予定は、80歳以上(約29万人)=3月下旬、75歳以上(約19万人)=4月上旬、70歳以上(約24万人)と65歳以上(約20万人)=4月中旬(2段階で発送)で、ワクチン接種の時期は4月以降の予定。

 以降順次、基礎疾患保有者(約24万人)、高齢者施設等従事者(約5.6万人)、上記以外(約237万人)に発送する。接種券の発送とワクチン接種の時期は、現時点で未定。

 接種方法は、市が設置する特設会場で行う「集団接種」、身近な病院・診療所などで行う「個別接種」、高齢者施設で行う「施設接種」の3つの手法で実施。集団接種会場は、18区の公会堂・スポーツセンターなど。

 ワクチン接種にあたり、スマートフォン・パソコン、電話により予約できるシステムを新たに開設する。施設接種の対象者以外は、集団接種または個別接種のいずれかに予約して接種を受ける。具体的な予約方法は、今後知らせる。

 また、3月1日にワクチン接種専用コールセンターを設置し、接種予約の受付業務、ワクチン接種に関する問い合わせ業務を行う。

 集団接種にあたり、集団接種会場のレイアウトや被接種者の動線、所要時間などを把握するため3月上旬にシミュレーションを実施する予定。

 集団接種会場は、鶴見区=鶴見公会堂、神奈川区=神奈川公会堂、西区=西公会堂・西地区センター、中区=技能文化会館と中スポーツセンター、南区=南公会堂、港南区=港南スポーツセンター、保土ケ谷区=保土ケ谷スポーツセンター、旭区=旭スポーツセンター、磯子区=磯子スポーツセンター、金沢区=金沢地区センター、港北区=港北公会堂緑区=緑公会堂、青葉区=青葉公会堂・青葉スポーツセンター、都筑区=都筑公会堂、戸塚区=戸塚スポーツセンター栄区=栄スポーツセンター泉区=泉公会堂、瀬谷区=瀬谷スポーツセンターの合計18区19カ所。会場は順次拡充していく予定。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?