3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 学ぶ・知る

横浜赤レンガ倉庫で「ねずみくんのチョッキ展」 誕生45周年記念

  • 193

  •  

 横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜市中区新港1)で9月10日、世代を超えて愛される絵本「ねずみくんのチョッキ」の誕生45周年を記念し、「展覧会『誕生45周年記念 ねずみくんのチョッキ展』 なかえよしを・上野紀子の世界」が始まった。

小学生以下の来場者プレゼント「ねずみくんのチョッキと耳」

 作家のなかえよしをさんと作画の上野紀子さん夫妻は横浜が地元。シリーズ累計400万部を超え、現在36巻まで続く人気作「ねずみくんのチョッキ」は、1974年刊行で、夫妻の共同作業により誕生。いまの時代を生きるこどもたちに向け、「思いやり」と「ユーモア」を共通するテーマとして描かれている。

[広告]

 初の大規模展となる今回は、絵本原画、ラフスケッチなど約150点を展示し、名場面に入れるフォトスポットなど参加型の展示を設置。上野紀子さんが絵を手掛け小学校の教科書にも掲載された「ちいちゃんのかげおくり」の原画や、シュルレアリスムの油絵「少女チコ」シリーズも展示する。

 展覧会では名場面のフォトスポット設置や、限定アニメーションの放映も行われる。会期中、小学生以下の来場者にはねずみくんのチョッキと耳を贈呈する。会場で、ねずみくんになりきって展覧会が楽しめる。

 約200点の展覧会限定グッズなどの「ねずみくんグッズ」をそろえ、チョッキを着たキュートな図録も展覧会会場限定で販売する。

 会場は2Fスペース。会期は9月10日~27日。開場時間は11時~19時。当日券は一般=1000円、高校生=800円、小中学生=500円 。グッズ付入場券も販売する。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?