3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

ハイアットリージェンシー横浜、5月23日に開業 宿泊受付始まる

5月23日に開業する「ハイアット リージェンシー 横浜」外観

5月23日に開業する「ハイアット リージェンシー 横浜」外観

  •  
  •  

 ハイアットブランドの横浜初進出となるホテル「ハイアット リージェンシー横浜」(横浜市中区山下町)が5月23日、開業する。

ハイアットリージェンシー横浜 72平方メートルのスイートルーム

 世界60カ国以上の主要都市やリゾート地に、875軒以上のホテルを展開するハイアットブランドの横浜初進出となる。

[広告]

 日本大通り駅と元町・中華街駅の間の本町通沿いに位置する同ホテル。建物は地上21階、地下1階で、客室はスイート18室を含む315室。3~6階がスタンダードフロア、7~17階がデラックスフロア、18~19階がクラブフロア、14~19階がスイートフロア。20階には460平方メートルのグランドボールルーム、最上階の21階には、横浜港と横浜ベイブリッジを一望するウエディングチャペルと130平方メートルのスカイバンケットを備える。

 全客室に、びょうぶをモチーフとしたヘッドボードを置き、「歴史あふれる和の雰囲気と、黒を基調としたスタイリッシュなデザインが融合した」客室とし、横浜らしさを表現した。大型テレビ、レインシャワーの付いたバスルームも備える。スイートルームは72平方メートルで、リビングエリアとベッドルームエリアから成る。

 1階には、オープンキッチンが特徴のレストラン「ミラノ・グリル」と、ホテルメイドのスイーツやパンなどのテイクアウトもできるペストリーショップ「MARKET」を備える。

 ケン・コーポレーション(東京都港区)とハイアットがそれぞれの関連会社を通じて2016年に締結したフランチャイズ契約に基づき運営する。

 ホテルの広報担当者は「開放感のある広々とした空間で、横浜の異国情緒あふれる街並みを眺めながら、極上のひとときを楽しんでいただけたら」と話す。

 2月4日、ホームページで宿泊予約受付を始めた。ウエディングとバンケットの予約受付は4月からを予定。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?