3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う

元町でバレンタインイベント ハートのブランコとキャンドルが彩る

元町の鉄作家が手掛けたハートのブランコをハートのメッセージカードでいっぱいに

元町の鉄作家が手掛けたハートのブランコをハートのメッセージカードでいっぱいに

  •  
  •  

 横浜元町のクラフトマンシップ・ストリートで現在、バレンタインイベント「Happy Valentine’s in MOTOMACHI 伝えたい感謝の気持ち」が開催されている。

恋人宛てだけでなく、家族への思いを込めたハートのカードも

 日本ではバレンタインデーは女性から男性にチョコレートを渡し、愛の告白をするイメージが定着しているが、欧米では男女に関係なく恋人や夫婦、家族同士でカードや花束を贈り合うなど、身近な人に感謝の気持ちを伝える日とされている。これにちなみ、元町クラフトマンシップストリートの加盟各店がパートナーや家族と過ごすためのプランを用意する。

[広告]

 「横濱元町霧笛楼」は「パティシエによる手作り生チョコレート無料講習会」などの参加型プログラムを開くほか、「キタムラ元町メンズショップ」は「メンズ対象商品の名入れサービス」などを提供、魔女グッズの店「グリーンサム」は「愛のバレンタイン魔女人形」などを販売するなど、各店がバレンタインならではの工夫を凝らす。

 8日・9日は、霧笛楼前に2人乗りのアイアンブランコが登場。赤いハート型のカードに大切な人へのメッセージを書いて飾り、ブランコをハートでいっぱいにする参加型のアートとなる。鉄製ブランコは元町のアイアンショップ「クロコアートファクトリー」の徳田吉泰さんが作った。霧笛楼前と、キタムラ元町メンズショップ駐車場では音楽の演奏のほか、17時からエリア全体にキャンドルがともるなど、さまざまなプログラムを用意する。

 期間中はスタンプラリーも開催。赤い風船を店頭に飾ったイベント参加店を回り、スタンプ2個を集めると賞品が当たる抽選会に参加ができる。

 バレンタインイベントは2月16日まで。スタンプラリーは同日14時まで。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?