見る・遊ぶ

みなとみらい地区にピカチュウラッピングの水陸両用バス「スカイダック」

2018年に運行したピカチュウラッピングの水陸両用バス

2018年に運行したピカチュウラッピングの水陸両用バス

  •  
  •  

 日の丸自動車(東京都文京区)は8月6日~12日にみなとみらい地区で開催される「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」とタイアップし、水陸両用バス「スカイダック」の一部車両デザインを「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」のビジュアルに変えて運行する。

「ピカチュウ大量発生チュウ!2019」は主なプログラムを夜の時間帯に開催

 スカイダック横浜の「みなとハイカラコース」は期間中毎日運行。ルートは、日本丸メモリアルパーク(桜木町)~横浜三塔~赤レンガ倉庫~航路~日本丸メモリアルパーク(みなとみらい)で1周約50分。料金は、大人=3,500円、子供=1,700円。スプラッシュ体験と海上運航のみの「ちょいのりダックSummer」は大人=2,500円、子供=1,500円。 

[広告]

 また、土日祝日は「トワイライトクルーズ」として、日本丸メモリアルパーク~万国橋~航路~日本丸メモリアルパークの1周約40分のコースで運行する。

 ピカチュウラッピングスカイダックの運行期間は2019年7月12日から9月1日までの予定。期間中は、特別デザインの乗車チケットをプレゼントする(無くなり次第終了)。

 スカイダックは、陸上と水上が走行可能な水陸両用バスとして誕生し、2013年より東京で水陸両用バスとして運行を開始。横浜では、2016年10月に社会実験の一環として運行が開始され、バスがノンストップで水上に入る体験が味わえることで人気を集めている。

 「ピカチュウ大量発生チュウ」は、今年で6年目の開催。みなとみらいの美しい夜景とテクノロジーを生かしたピカチュウたちのパフォーマンスを毎夜開催する。過去最大級のべ2,000匹以上のたくさんのピカチュウが、みなとみらいエリア一帯のさまざまなスポットに登場する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?