見る・遊ぶ

アンパンマンミュージアムリニューアルで全天候型屋内施設に

  •  
  •  

 みなとみらい地区に7月7日、「横浜アンパンマンこどもミュージアム」(西区みなとみらい6)が移転オープンした。運営はACM(東京都港区)。

「ジャムおじさんのパン工場」もリニューアルオープン

 建物は地上3階・地下1階の全天候型屋内施設。敷地面積は約1700坪で、延べ床面積は約4250坪。有料エリアのミュージアムのほか、アンパンマンのグッズやサービス、フードが提供・販売する無料エリアのショップ&フード・レストラン(1階)、地下駐車場(地下1階)から成る。

[広告]

 オープン初日には同施設正面エントランス特設会場で、アンパンマン役を務める女優の戸田恵子さん、ばいきんまん役を務める中尾隆聖さん、アンパンマンの主題歌を歌うドリーミングさんが参加するオープニングセレモニーが行われた。エントランスには高さ4メートルのアンパンマンの前で、「アンパンマンのマーチ」のライブ、オープニングカウントダウンにアンパンマンと仲間も応援に駆け付け会場を盛り上げた。

 戸田さんは「アンパンマンのやなせたかし先生も空から喜んでいると思う。横浜のアンパンマンミュージアムを子どもも大人も楽しんでほしいと」話した。

 広報担当の大港香奈さんは「アンパンマンミュージアムでは細部まで再現しており、アニメで流れる曲やセットでまるでアニメの中に入ったような感覚を体験できる。施設が新しくなり、ステージも建物の中で行えるようになり、天候を気にせず楽しめる。無料と有料のスペースがあるので、ショッピングや休憩などさまざまな人に利用していただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は、ミュージアム=10時~17時(ショップ&フード・レストランは18時まで)。入場料は1歳以上2,200円。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?