食べる 見る・遊ぶ 買う

横浜駅東口に複合エンタメ施設「アソビル」 「うんこミュージアム」やハンドメイド体験フロア

「うんこミュージアム YOKOHAMA」内の撮影スポット「ウンスタジェニックエリア」

「うんこミュージアム YOKOHAMA」内の撮影スポット「ウンスタジェニックエリア」

  •  

 横浜駅みなみ東口通路直通の元横浜中央郵便局別館をリノベーションしたエンターテインメント施設「アソビル」が3月15日、グランドオープンした。

チーズバーガー専門店「DAIGOMI BURGER」の「NYCラクレットチーズフォール」

 アカツキライブエンターテインメント(東京都品川区、以下ALE)が運営する同ビルは、「遊び場所のアップデート」をテーマに知的好奇心をくすぐるエンタメコンテンツを集めた複合エンターテインメント施設。B1階アミューズメントバー「PITCH CLUB」、1階飲食フロア「POST STREET」、2階常設体験イベントフロア「ALE-BOX」、3階ハンドメイド体験フロア「MONOTORY」、4階キッズパーク「Puchu!」(5月開業)、屋上「マルチスポーツコート」からなる地下1階、地上4階建てで、1フロア約1983平方メートル、延床面積約1万1,900平方メートル。

[広告]

 1階「POST STREET」は、「崎陽軒シウマイBAR」や「野毛焼きそばセンターまるき」、人気ラーメン店「ノ貫」による新店舗「煮干蕎麦」など地元ゆかりの店舗に「DAIGOMI BURGER」、「DUMBO Doughnuts and Coffee」、「肉寿司の牛右衛門」など横浜初出店の人気店が加わり計18店舗が集結。食事しながらライブなどが楽しめるパフォーマンスステージも用意する。

 2階はALEとカヤック(鎌倉市)が手がける「うんこミュージアム YOKOHAMA」(7月15日まで)、ALEとSCRAP(東京都渋谷区)共同開発のリアル脱出ゲーム最新作「Escape from The NINE ROOMS」、ショートフィルムブランド「SHORTSHORTS」提供作品を「ストーリー体験」の中で楽しめる「THE STORY HOTEL」など、最新テクノロジーを活かした体験イベントを定期的に入れ替えながら展開する。

 3階「MONOTORY」には、12のアトリエとDIYツールなどを販売するショップ、ワークショップスペースなどを用意。3Dプリンターやレーザーカッター、UVプリンターなどのデジタルファブリケーション設備も備える。150人のアーティストによる陶芸、彫金加工、金属加工、レザークラフト、キャンドル、手芸、フラワー、ラテアートなどさまざまなジャンルのワークショップを開催する。

 屋上はフットサルコート、バスケットコート、かけっこエリアを設置。サッカー、バスケットボール、野球などの現役または元プロ選手が教えるスポーツ教室「Hero’s Academy」を開校し、子どもから大人まで利用できるスポーツコミュニティの場を目指す。

 ALE代表取締役CEOの香田哲朗さんは「仕事を優先しがちな日本人に、面白い遊びを提供したい。ここでしかできない体験を味わってもらえれば」と話した。初年度の来館者数目標は200万人。5年以内に国内の主要都市での展開および海外展開も目指す。

 各店舗の営業時間など詳細はアソビルホームページから。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?