食べる

横浜駅直通エンタメビル「アソビル」にチーズバーガー専門店「DAIGOMI BURGER」

  •  

 チーズバーガー専門店「DAIGOMI BURGER(ダイゴミ バーガー)」が3月15日、横浜駅直通複合型エンターテインメントビル「アソビル」(横浜市西区高島2)1階のグルメストリート「横浜駅東口 POST STREET」内にオープンする。運営は、アカツキライブエンターテインメント(東京都品川区)。

パブリックアート・プロジェクトの人工滝をイメージした「NYCラクレットチーズフォール」

 「DAIGOMI BURGER」はチーズ好きな人の、チーズ好きな人による、チーズ好きな人になってもらうためのレストラン「DAIGOMI」の新業態店。「チーズが主役のチーズバーガー」をコンセプトとし、バンズ、パティからサイドメニューまで、チーズの魅力を引き出すメニューを提供する。

[広告]

 基本メニューは、ビーフ100%のパティの「D.G.M(だいごみ)チーズバーガー」と、自家製ローストビーフが入った「D.G.M ローストビーフチーズバーガー」。チーズプロフェッショナルの資格をもつスタッフが、複数種類のチーズを組み合わせて作った特製チーズでつくる。

 バンズは、熊本・阿蘇山の天然水、国産コシヒカリ玄米粉、北海道産生乳のバター、沖縄の天日塩を使った無添加の玄米パン。ソースは、自家製のBBQソースとタルタルソースを使用する。

 トッピングは、ニューヨークで開催されたパブリックアート・プロジェクト「ニューヨーク・シティ・ウォーターフォールズ」の人工滝をイメージしたラクレットチーズが流れてあふれる「NYCラクレットチーズフォール」や、数種類のチーズをブレンドた「焦がしチーズチップス」などを用意する。

 セットメニューは、フライドポテトと、アメリカ規格サイズのソフトドリンク。ドリンクは、オリジナルスペシャリティーコーヒーや、クラフトビールなどのアルコール類の提供も予定。

 テイクアウトにはチーズをかけたようなフォトジェニックなデザインの「DAIGOMI BURGER」オリジナルパッケージを用意。

 イートインができる店内の座席数は30席。ニューヨークのガレージ風のデザインにアメリカンレトロポップな雑貨を配置する。

 営業時間は8時~23時30分 (ラストオーダー23時)。定休日は不定休。

 アソビルは、「遊べる駅近ビル」をコンセプトとした横浜駅みなみ通路直通予定の複合型体験エンターテインメントビル。横浜中央郵便局別館の屋上、地上4階~地下1階建をリノベーションし、体験型エンターテインメント施設、飲食店などを展開する。施設面積は約11,900平方メートル。2019年3月15日にオープン予定。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?