見る・遊ぶ 買う

阪東橋にアートカフェ「Art and Syrup」 「猫思考」伝授WSも

展示作家の林美和子さんと店主の加藤秀子さん

展示作家の林美和子さんと店主の加藤秀子さん

  •  

 横浜市営地下鉄「阪東橋」駅近くに4月、ギャラリーカフェ「Art and Syrup(アートアンドシロップ)」とワークショップスペース「Art and Syrup plus」(横浜市中区曙町5)がオープンした。

アメリカンチェリーのソーダ(500円)

 ギャラリーカフェを運営する加藤秀子さんと、ワークショップスペースを運営する高橋紀子さん姉妹の実家である時計材料店を改装した同店。ギャラリーカフェでは、自身もジュエリーなどを制作する加藤さんが企画した写真展や抽象画などの展示と、季節のフルーツを使った自家製シロップのドリンクや、コーヒーなどを提供する。

[広告]

 カフェメニューはコーヒー(450円~)、紅茶(450円~)、加賀棒茶(お茶菓子付き450円)、果実のシロップ(ソーダ、水、お湯割り500円)、果実シロップのミルクシェイク(600円)、本日のスープ(500円)、トースト(タマゴチーズ450円、コンビーフ500円、あんバター500円)など。本日のカップスイーツ(400円~)、本日の焼き菓子(400円~)などスイーツも用意する。

 6月中は、林美和子さんのぬいぐるみ作品「ぽろくん」を展示・販売(5,500円~6,300円)する。

 また、6月30日には東京・荻窪「6次元」店主のナカムラクニオさんをゲストに、金継ぎワークショップ(受付終了)と、「猫思考」を伝授してもらい「やらないことリスト」を作成する「猫思考」トークをワークショップスペースで実施する。参加費は1500円(ドリンク付き)。

 店名には、「シロップを漬けるようにアートで日常に彩りを提供したい」(加藤さん)という思いを込めているという、

 営業時間は12時~18時。営業日やイベント詳細はウェブサイトで。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?