天気予報

32

25

みん経トピックス

アート制作現場を一般公開横浜西口に「名酒センター」

日本ナポリタン学会が黄金町のテクノ喫茶「珈琲山」を認定店舗に

日本ナポリタン学会が黄金町のテクノ喫茶「珈琲山」を認定店舗に

日本ナポリタン学会メンバーと珈琲山マスターの山崎宏和さん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 スパゲティ・ナポリタンを横浜の食文化として発信する「日本ナポリタン学会」(田中健介会長)が6月10日、喫茶店「珈琲山」(横浜市南区前里町1)の認定式を行った。

焦げる直前まで炒めたナポリタン

 同学会は、喫茶店・洋食店で親しまれている定番メニューのナポリタンが、「ホテルニューグランド」(中区山下町10)発祥ということを知ったメンバーらが、地域や店舗の活性化を狙って続けている「大人の部活動」。「地元密着のお店であること」「おいしいナポリタンがあること」を基本に、横浜市内でこれまで約20店舗を認定し、広報活動を展開してきた。

 南区3店舗目(休業中含む)の認定店舗となる珈琲山は、店主の山崎宏和さんが18歳の1985年に創業。ナポリタンのほか、ミートソースやエビピラフ、サンドイッチなど(以上単品740円)、オーソドックスな喫茶店メニューを用意する。創業以前に同所で営業していた喫茶店のレトロな内装が残る店内には、山崎さんが集めた横尾忠則やデビッド・ボウイ、クラフトワークのポスターが飾られ、BGMにはクラフトワークがかかる。

 ナポリタンは、細麺にソーセージやピーマン、玉ねぎ、マッシュルームを加え、ケチャップで炒めた正統派。山崎さんは「31年作り続けているが、まだ完成に至っていない。認定されたことを機に、今後もナポリタンを極めていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~21時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アート拠点「BankART Studio NYK」で横浜トリエンナーレ連携プログラム「BankART LifeV 観光」が開催中。元倉庫の大規模な空間を活用し、大型の作品群「NYK ISLAND 森と花と海の神秘な世界」を展開する。写真は井原宏蕗さん《fading -increasing-》
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

【横浜ものしりクイズ】横浜開港後、外国人居留地の前面に「フランス波止場」が築造されたが、現在は何になっているか?

アクセスランキング