食べる

石川町のセイロン紅茶専門店「ミツティー」がリニューアル 茶葉の販売を強化

ミツティー代表の中永美津代さん

ミツティー代表の中永美津代さん

  •  
  •  

 石川町のセイロン紅茶専門店「ミツティー」(横浜市中区石川町2)が2018年1月、リニューアルオープンした。

スリランカの大地から作る農作物をイメージしたパッケージ

 同店は、脱サラ後にスリランカの茶園を回って一年間修行した中永美津代さんが、2002年にネットショップとして開業。2012年に、現在の場所に実店舗をオープンした。紅茶に香料を吹き付けるフレーバードティーは扱わず、スリランカの産地直送の新茶に特化。おいしい紅茶の淹れ方からカフェ開業のノウハウまでさまざまな内容の紅茶教室や、スリランカツアーも実施する。

[広告]

 今回のリニューアルでは、紅茶専門店として茶葉の販売・説明に力を入れたいと、カフェスペースを撤去。店舗の外装・内装とパッケージも全面的に新しくした。

 ラインナップはディンブラ紅茶(80グラム1,200円)、日本では珍しいというサバラガムワ紅茶(70グラム1,200円)、マサラチャイ(60グラム1,000円)など(価格は税別、3袋以上の購入で10パーセントオフ)。ミルクティー専用の茶葉も多く用意する。農園から毎回サンプルを取り寄せ、良質の物のみ仕入れるという。ストレートティーとロイヤルミルクティー、アレンジティーのテイクアウトメニュー(400円~)と茶葉、焼き菓子は、スマートフォンアプリ「Uber Eats」でデリバリー注文も受け付ける。

 中永さんは「紅茶に合うフードなど、プラスアルファでさまざまなご提案ができる。実際に飲んで違いを楽しみながら、選んでいただけたら」と話している。

 営業時間は11時~17時。月曜定休(祝日の場合は翌火曜休み)。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?