新型コロナ関連速報3日:市内690人を確認

暮らす・働く

国際仮装行列「ザよこはまパレード」に3500人が参加 「ヨコハマカワイイパレード」も

  • 176

  •  

 横浜市中区で5月3日、国際仮装行列「第65回 ザよこはまパレード」が開催される。

YS350(横浜吉田新田350周年記念プロジェクト)実行委員会のフロート

[広告]

 国際仮装行列は、1953年から行われている横浜の初夏を彩る風物詩。横浜開港記念みなと祭のオープニングを飾る名物パレードとして、地元企業や商店街の華やかなフロート、県警や在日米陸軍、市内外の学校の音楽隊やマーチングバンドなどが山下公園からイセザキモールまでを行進する。

 パレードには、横浜や各地のご当地アイドルとアニメやゲームなどのポップカルチャーをテーマに仮装した「ヨコハマカワイイパレード」と合わせて約65団体・3,500人が参加する。横浜市の花・バラの色にちなんだ「花言葉」をテーマに編成を分ける。

 主催者(横浜商工会議所・神奈川県・横浜市)のフロートは、横浜市の「市花」として平成9年に制定された「バラ」をテーマに、 「花売り娘」による横浜の歴史と文化、横浜の未来を乗せた「気球」で歴史と未来の融合をイメージした、たくさんのバラで装飾したローズフロートでパレードに参加する。

 当日はオープニングセレモニーの後、キッズパレードは10時45分、スーパーパレードは11時15分にそれぞれ山下公園前を出発。シルクセンター前、横浜税関前交差点、赤レンガ倉庫前を経由し、キッズパレードは万国橋交差点まで全長1.4キロメートル、スーパーパレードは伊勢佐木町6丁目まで全長3.4キロメートルを行進する。

 山下公園では3日から5日まで横浜開港記念みなと祭「ヨコハマカワイイパーク - J-Pop Cuture Festival 2017」が開催されている。伝統と新しい文化が融合する街・ヨコハマの新しいシンボルとして2013年に初開催され、昨年は約25万人が来場したという。フードコートが出店し各国の料理を提供するほか、4日と5日にはヨコハマカワイイステージとしてお笑いユニット「横浜ヨコハマ」を総合司会に、多くのアイドル達がステージでのパフォーマンスを披露する。

 パレードに伴う交通規制は10時~15時頃を予定(コースエリアにより異なる)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース