食べる

卵もライスもソースも白い「純白のオムライス」が人気 キッチン大宮マークイズみなとみらい店

玉子もライスもソースも何もかもが白い「純白のオムライス」

玉子もライスもソースも何もかもが白い「純白のオムライス」

  •  
  •  

 MARK IS みなとみらい(横浜市西区みなとみらい3)4階レストラン街の老舗洋食店の味をカジュアルに楽しめるレストラン「キッチン大宮マークイズみなとみらい店」の、真っ白な「純白のオムライス」が人気を集めている。

純白のドレスオムライスで使っている「ホワイトたまご」

 同店のオムライスは、黄身が白い卵「ホワイトたまご」をベースに、チキンライスとソースも白いことが特徴。

[広告]

 オムライスを包むのは、通常の卵と栄養価は同じで、脂質とカロリーが低い、黄身が白い卵。卵の黄身の色は、鶏が食べる飼料に影響される。通常はトウモロコシを餌に育てることで黄色の卵となるが、米を餌にすることで白い黄身の卵ができるという。

 チキンライスは、通常はケチャップで仕上げるところを玉ねぎ、マッシュルーム、鶏肉をコンソメで味付けし、色の着かない具材で仕上げている。

 仕上げには、牛乳のうま味を感じさせるサラリとしたホワイトソースと、チーズをふんだんに使ったコクのあるチーズソースの2種のソースを使っている。白いオムライスは、2016年3月に名古屋店で初販売を開始した際に、約1カ月で1,000食を突破した人気メニュー。数量限定でランチ、ディナー帯で販売する。価格は1,458円。

 オムライスを監修する大宮勝雄さんは、浅草の洋食店「レストラン大宮」のシェフ。「キッチン大宮マークイズみなとみらい店」は2013年6月にオープン。運営はリン・クルー(東京都中央区)。

 営業時間は11時~23時(L.O.22時)。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?