天気予報

24

12

みん経トピックス

横浜でバスマップサミット横浜美大生が日本PRロゴ

大さん橋で初開催の「横浜港大さん橋マルシェ」 大学オリジナルグルメも

大さん橋で初開催の「横浜港大さん橋マルシェ」 大学オリジナルグルメも

初開催となる「横浜港大さん橋マルシェ」

写真を拡大 地図を拡大

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル(横浜市中区海岸通1)山下公園側エプロンで2月18日と19日、「横浜港大さん橋マルシェ」が初開催される。

 県内をはじめ、日本各地の生産品や加工品、雑貨などを扱う約100店舗が出店。海を眺めながら買い物やグルメが楽しめる。主催は横浜港大さん橋マルシェ実行委員会。

 「県内産品ゾーン」の出店は、ロイヤルウイング(横浜市中区)、岩井の胡麻油・美濃屋あられ製造本舗(横浜市神奈川区)、つた金(横浜市神奈川区)、ガトーよこはま(横浜市神奈川区)、横浜園(横浜市旭区)、横須賀ペリー黒船艦隊(横須賀市)、鎌倉五条(鎌倉市)、ブレドール葉山(葉山町)、ジョイファーム小田原(小田原市)、真鶴町なぶら市実行委員会(真鶴町)、昔の味たまご農場(相模原市)など。

 「大学ゾーン」では、学生たちが研究・発案したオリジナル商品「みやじ豚スープカレー」(慶應義塾大学)、「カムカムドリンク」(東京農業大学)、「大学農場産ホウレンソウを使ったチーズケーキ」(明治大学農学部)、「たまがわアイスクリーム」(玉川学園大学)、「塩マロンパン」(相模女子大学×ポンパドウル)などを紹介・販売する。

 横浜港大さん橋国際客船ターミナル広報の斎藤等さんは「開催場所である『エプロン』と呼ばれる場所は、普段は立ち入ることのできない巨大な岸壁。目の前にはヨコハマを象徴する風景と、広大な海が広がるロケーション抜群のこの場所を特別に一般開放し、89団体、101小間が出店する大規模なマルシェを開催する。当日は横浜市庁舎前から無料シャトルバスも運行するので、ぜひ足を運んでほしい」と話す。

 開催時間は各日11時~16時。入場無料。横浜市庁舎前ー会場前の無料シャトルバスは10時30分~15時の間で15~20分毎運行。雨天時などの開催可否は、当日6時30分にテレドーム(0180-991-979)で案内する。また、ヤマト運輸による宅配サービスも用意する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

普段着としての楽しい着物を普及することを目的に活動する任意団体「きものDE交流」は4月30日、元町・中華街エリアで着物で街に繰り出す交流会「きものDE交流~着物で街を埋め尽くせ」を開催する。交流会は今回で35回目で横浜での開催は初。これまでの参加者は延べ1,500人を超える。代表の木口郁瑠さんは「着物を愛する方々や、着物に興味のある方々のために、着る場所・機会・仲間・知識・着付け、と必要なものは全てそろえている。『着物を体験してみたいな!』と思ったその時に気軽に参加してもらえれば」と話している。集合は14時にアメリカ山公園。参加費無料。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング