新型コロナ関連速報:市1705人/県3729人

フォトフラッシュ

時刻表スタイルで可視化する緊急速報の数と時刻

神奈川県内沿岸部の市町を中心にプログラムの設定ミスにより、1月16日未明に緊急速報メールを何度も配信したことが判明し、神奈川県は同日、災害情報管理システムのプログラムを改修したと発表した。警報の発出されていた沖縄県や鹿児島県でも最大4回だったが、警報下でない横浜市で20回以上の緊急速報メールがあったことについて、SNSでは津波を案ずる声とともに、深夜の16日に共通テストを受ける県内の大学受験生を心配する声や、時刻表の形で緊急速報メール数を可視化するアカウントもあった。画像は時刻表アプリ「時刻表メーカー」に、NTTの緊急速報メール「エリアメール」履歴を編集部で入力したもの。

  • 0

  •  

トンガ沖の火山噴火に伴い気象庁が発表した津波注意報で、神奈川県内沿岸部の市町を中心にプログラムの設定ミスにより、1月16日未明に緊急速報メールを何度も配信したことが判明し、神奈川県は同日、災害情報管理システムのプログラムを改修したと発表した。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース