フォトフラッシュ

モンスターハンター15周年展 大日本印刷とネイキッドが協力

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」(横浜市西区高島2)で現在、「モンスターハンター15周年-THE QUEST-」が開催している。主催は大日本印刷。雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」の世界を、体感エリアと展示エリアで再現した。体感エリアでは、歴代シリーズに登場するモンスターが随所に登場する。サラウンド音響や温度、吹雪、香りなどによる立体的な演出で、視覚以外からもモンスターの「気配」が感じられる空間となっている。イベント名には「DNP Produce MONSTER HUNTER × NAKED」と冠し、DNP(大日本印刷)がアニメやマンガ、ゲーム等の人気作品の知的財産とテクノロジーを掛け合わせて、新しい体験価値を提供するイベント事業の第一弾。演出はネイキッドが手掛けた。演出ディレクターを務めるネイキッドの茶畑孝徳さんは「歴代のモンスターハンターシリーズのタイトルを飾ってきた全モンスターがいる。モンスターたちの生活感、息づかいを感じることを最も重視して演出した。カプコンのゲームクリエーター藤岡要さんとアイデアを出し合い、迫力のある、非常に楽しい作品にできた。ファンの人も初めてみる人も面白い内容になっていると思う」と話す。写真は大日本印刷のコンテンツコミュニケーション本部鈴木崇哲さん(左)と、ネイキッドの茶畑孝徳さん。開場時間は11時~20時(土曜・日曜・祝日は19時まで)。当日券は、大人=平日3,000円・土曜・日曜・祝日3,500円、子ども(小学生以下)=同1,500円・同1,700円。平日限定学生優待券1,800円。3月1日まで。

  •  
  •  

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」(横浜市西区高島2)で現在、「モンスターハンター15周年-THE QUEST-」が開催している。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?