新型コロナ関連速報24日:市内2200人を確認

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

黄金町で展覧会「みっける日常ヨコハマ」 一年分のスマホ写真を映像に

戯曲に見立てた市原幹也さんの作品「みっけるデートヨコハマ」。「馬車道」でSNSを検索して見つけたアイドルの写真スライドショーは衣装などとともに展示

戯曲に見立てた市原幹也さんの作品「みっけるデートヨコハマ」。「馬車道」でSNSを検索して見つけたアイドルの写真スライドショーは衣装などとともに展示

  • 0

  •  

 黄金町のギャラリー・ハツネウィングA(横浜市中区初音町1)で2月6日から、横浜在住・在勤などの提供者がスマートフォンに保存している一年分の写真をまとめた高速スライドショーを、4組のアーティストがそれぞれの手法で作品にした展覧会「みっける日常ヨコハマ/だれかの365日とアーティスト」が開催されている。

同時開催の「8日間のアートフェア」

[広告]

 主催は美術家の北川貴好さんが企画する「30秒に一回みっける写真道場!!」。これまでは、街を一日歩きながら撮影した写真を高速のスライドショーにまとめ、オリジナルの音楽と共に発表するスタイルで、全国各地で展覧会やワークショップを開催してきた。

 今回は、「『365日』の写真を基本的に削除なし、入れ替えなしの超高速スライドショーで全部見せること」、 「アーティスト自身でなく『誰か』他人の1年の写真を提供してもらうこと」、「写真提供者は、『横浜』と関係する人であり、可能なら見知らぬ『誰か』であること」などのルールに沿って、横浜ゆかりの4組のアーティストが作品作りのプロセスを含めて展示する。

 演出家の市原幹也さんは、ツイッターで「日本大通り」や「三渓園」など横浜の地名を検索して出てきた写真の投稿者に連絡を取り、その人との「デート」で自分も写真に収まるところからスタート。その日から遡って一年間分の写真のスライドショーとともに、提供者とのメッセージのやり取りやインタビュー、提供者にまつわる小物を展示する。

 また、浦元広美さんは2人の男子高校生、佐藤史治さん+原口寛子さんの2人組ユニットは同姓の「佐藤さんと原口さん」、タノタイガさんは写真枚数の極端に少ない女性の写真スライドショーを、それぞれ独自の手法で作品にする。

 ディレクターの北川さんは「自己紹介のときに、自分の数年分の写真を見せるということを何度かやったことがあるが、アーティストではない人の日常が見てみたいと思った。何枚撮っているのか、なぜ撮っているのかなど、さまざまなことを考えさせられる」と話す。

 2月11日には、「みっけた日常ガチンコ発表会!」と題して参加アーティストが作品についてトークやパフォーマンスなどの形式で発表。写真提供者も登場予定。開催時間は15時~17時で、会場は高架下スタジオSite-D集会場。参加費500円。

 展示は2月14日まで。開場時間は11時~19時。入場無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース