3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

横浜で週末3日間の起業体験イベント「Startup Weekend」、アイデア創発プレイベントも

2014年11月に開催された第2回Startup Weekend Yokohamaの様子

2014年11月に開催された第2回Startup Weekend Yokohamaの様子

  • 0

  •  

 世界500都市以上で実施されているスタートアップ実践イベント「第3回Startup Weekend Yokohama」が4月24日~26日、富士ゼロックスお客様価値創造センター(横浜市西区みなとみらい3)で開催される。

 Startup Weekendは、金曜の夜から日曜までの54時間で事業アイデアを形にする方法論を学ぶイベント。日本国内でもこれまでに55都市で開催され、2千人以上が参加している。

[広告]

 参加者はアイデアピッチを行い、ハスラー(企画)・ハッカー(開発者)・デザイナーの役割分担でチームを作り、時間内に必要最小限のビジネスモデルを作り上げる。最終日の夕方には、各チームによるプレゼンテーションと審査が行われ、アイデアの順位が発表される。

 横浜での開催は今回が3回目。2014年11月に開催された第2回Startup Weekend Yokohamaで優勝した「motteko」は、Global Startup Battle(世界大会)へ出場し、世界第6位の好成績を収めた。

 今回、審査員(ジャッジ)を務めるのは、クラウドソーシングサービスを運営するランサーズCTOの田邊賢司さん、プログラマーのための情報共有サービス「Qiita(キータ)」を運営するIncrementsの取締役兼デザイナーの小西智也さん、地域課題解決プラットフォーム「LOCAL GOOD YOKOHAMA(ローカルグットヨコハマ)」を運営する横浜コミュニティデザイン・ラボ代表の杉浦裕樹さんの3人。

 また、コーチとしてLean Startup Japan代表の和波俊久さん、料理研究家の河合真由子さん、ユニークス・マネー・アドバイザリー代表の元小出悟さん、インフォキューブLAFLAの代表の田中健吾さんらが参加する。 

 参加費は7回の食事とTシャツ付で一般9,800円、学生7,800円。申込みは、Doorkeeperの第3回Startup Weekend Yokohamaページから。

 これに先立ち4月17日には、プレイベント「アイデア、一緒に出しましょう! ~Startup Weekend Yokohama 3 ワークショップ形式プレイベント~」を同会場で開催。アイデア創発ワークショップのファシリテーターは、アイデア創発コミュニティ推進機構認定ファシリテーターの島田拓弥さん。開催時間は19時30分~21時30分(19時開場)。参加無料。

 Startup Weekend Yokohamaリードオーガナイザーの朝倉雅博さんは「前回横浜で優勝したmottekoが世界大会で6位など良い結果が出てきている。今後も横浜のStartup Weekendを熱くしていきたい。学生や起業を目指す人だけでなく、会社勤めの人にも参加してほしい。参加すると得るところが大きいはず」と話している。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?