食べる

崎陽軒が「選べる恵方巻きシリーズ」限定発売-シウマイ恵方まんも

崎陽軒「シウマイ恵方まん」

崎陽軒「シウマイ恵方まん」

  •  
  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は2月1日から3日間、選べる恵方巻きシリーズとして、「口福恵方巻き」「節分弁当」「シウマイ恵方まん」の3種類を数量限定で販売する。

新登場の「昔ながらのシウマイ」が入る「節分弁当~口福恵方巻き入り~」

 口福恵方巻き(700円)は、福をもたらすと言われる七福神にあやかり7種の具材(「鯛(タイ)」「帆立」「カニ」「筍(タケノコ)」「生姜(ショウガ)昆布」「玉子焼き」「菜の花」)と酢飯を豊かな香りの有明産の海苔(ノリ)で巻いた太巻き。2月1日・2日=予約販売のみ、2月3日=予約・店頭販売予定。予定数に達し次第、予約受付終了。

[広告]

 「節分弁当~口福恵方巻き入り~」(1,000円)には、7種の具材を使用した「口福恵方巻き」と、節分や季節にちなんだおかず(「大豆と根菜煮」「鰆(さわら)の竜田揚げ」)、「昔ながらのシウマイ」が入る。2月1日・2日・3日=店頭販売のみ(神奈川地区約15店舗)。

 シウマイ恵方まん(320円)は、崎陽軒名物のシウマイを使ったオリジナル恵方巻き。直径約4センチ×長さ約10センチの小ぶりサイズ。1928年の発売以来、変わらぬレシピで製造されている「昔ながらのシウマイ」のあんを中華まんの皮で巻きロール状に仕上げ、上部には1月8日に還暦を迎えたしょう油入れの「ひょうちゃん」の焼印を施している。2月1日・2日=予約・一部店頭販売(神奈川地区約40店舗のみ)、2月3日=予約・店頭販売予定。予定数に達し次第、予約受付終了。

 崎陽軒の広報・マーケティング部の若林隆三さんは「正統派から崎陽軒らしい変わり種まで取りそろえた『選べる恵方巻きシリーズ』。新登場の節分弁当は、恵方巻きだけでなく、おかずも召し上がりたい方にぴったりの口福・満腹なお弁当。崎陽軒ならではの恵方巻きで、皆さまの幸せを願ってみては」と話している。

 恵方巻きは「節分の日」にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる太巻き寿司で、今年の恵方は「西南西」となる。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?