見る・遊ぶ

開館40周年・神奈川県民ホールでオペラ「水炎伝説」-愛と死と再生の物語

オペラ「水炎伝説」稽古の様子

オペラ「水炎伝説」稽古の様子

  •  
  •  

 開館40周年を迎える神奈川県民ホール(横浜市中区山下町3)で1月17日と18日、愛と死と再生の物語を描いたオペラ「水炎伝説」1幕3場が上演される。

 同公演では、2005年に大岡信台本、一柳慧(いちやなぎ とし)作曲により発表された混声合唱とピアノのための舞台作品「水炎伝説」を管弦楽版として新たに編曲し、オペラ「水炎伝説」として改訂初演する。神奈川県民ホール開館40周年記念事業の一環。

[広告]

 オペラ「水炎伝説」は、ある古代神話的時代の愛と死と再生の物語。神奈川出身の舞踊家・振付家の中村恩恵が初のオペラ演出を手がけ、空間、音楽、身体表現を生かしたオペラとダンスの融合による新たな舞台を創出する。

 指揮=板倉康明、演出・振付・美術=中村恩恵、演出・振付補=首藤康之、衣裳=菱沼良樹、照明=辻井太郎、舞台監督=八木清市。

 出演=天羽明惠(アカトキ乙女)、加賀ひとみ(トコヨ乙女/老女)、高橋淳(白い顔の男)、松平敬(黒い顔の男)、首藤康之(録音による語り)。ダンス=渡辺レイ、後藤和雄、武石光嗣。合唱=「水炎伝説」声楽アンサンブル、演奏=「水炎伝説」特別編成アンサンブル(コンサートミストレス:中澤沙央里)。

 神奈川県民ホールの担当者は「新作オペラの創作に取り組んできた神奈川県民ホールが、40年間で蓄積してきたさまざまな要素を結集し、更なる表現を求めてオペラ『水炎伝説』を制作した。時空を超えた愛と死と再生の物語にご期待いただければ」と話している。

 会場は神奈川県民ホール・小ホール。15時開演(14時30分開場)。入場料は、一般=6,000円、学生(24歳以下)=4,000円。予約はチケットかながわ(TEL 0570-015-415)まで。

 神奈川県民ホールは、大・小のホール、ギャラリー、会議室を備えた公立文化施設として1975年1月17日に開館、昨年改装し10月1日にリニューアルオープンした。県民の芸術鑑賞の場、文化活動の発表の場として、神奈川の芸術文化の振興を担ってきた。催し物の多様さが特徴で、多目的ホールであると同時に創造型劇場の側面も持つ。

 国内外のロック・ポップス公演、クラシック演奏会、バレエ・ダンス公演、パイプオルガンコンサート、オペラ公演など、この40年間に大・小ホールで行われた催しは15,000回以上。ギャラリーでは、県民の小規模なグループ展から、気鋭の現代作家の大規模な個展まで約3,800の展覧会を開催。昨年末には、神奈川県民ホール40周年特設サイトをオープンしている。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?