赤レンガ倉庫で宮澤賢治と中原中也の詩と音楽のコラボレーション-「VOICE SPACE」

詩と音楽のコラボレーション集団「VOICE SPACE」

詩と音楽のコラボレーション集団「VOICE SPACE」

  •  
  •  

 横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜市中区新港1)で11月16日、詩と音楽のコラボレーション集団・VOICE SPACEによる単独ライブ公演「VOICE SPACE ヨコハマ・インスピレーション - 波止場の中也、風のなかの賢治 -」が行われる。

 VOICE SPACEは、東京芸術大学音楽学部の卒業生を中心とした約20人編成で活動しているパフォーマンスグループ。クラシック、邦楽、アイリッシュ音楽の演奏家、歌手、作曲家らが、音楽家の視点から縦横無尽に近代詩・現代詩を読み解き、ポップかつアバンギャルドな音楽スタイルで、言葉と音による新たな世界を発信する。

[広告]

 同公演では、横浜を舞台に詩を書いた中原中也と、同時期に花巻にいた宮澤賢治の詩と童話をテーマに、幻想的な音楽世界を展開する。主催はVOICE SPACE、横浜赤レンガ倉庫1号館。

 プログラムは2部構成。第1部は、横浜をうたう中原中也の詩「秋の一日」を初演し、2012年に中原中也賞を受賞した暁方ミセイの詩、2013年に現代詩花椿賞を受賞した藤原安紀子の詩を紹介。第2部では、今年1月に東京で初演し大好評を博したVOICE SPACE版「春と修羅」と「セロ弾きのゴーシュ」、宮澤賢治の詩をめぐる音楽ファンタジー「おれはひとりの修羅なのだ」の赤レンガ倉庫バージョンを披露する。

 出演は、中村裕美(作曲・ピアノ)、小田朋美(作曲・ピアノ)、小林沙羅(ソプラノ)、薬師寺典子(ソプラノ)、吉成文乃 (メゾソプラノ)、渡辺元子(尺八)、澤村祐司(箏・三味線)、石井千鶴(鼓)、豊田耕三(アイリッシュフルート)、大石俊太郎(サックス)、古川麦(ギター)、関口将史(チェロ)。監督=佐々木幹郎、仮面・映像=ししやまざき、脚本=早坂牧子。

 VOICE SPACEの荒井風香さんは「VOICE SPACEが海辺で風となり、修羅となる演奏会。歴史ある横浜赤レンガ倉庫に若手アーティストが集まり、倉庫のユニークな空間を活用して新しい音楽を発信する。日本で唯一の詩と音楽のコラボレーション集団がお届けする、摩訶不思議で鮮烈な音楽ファンタジーをお楽しみいただけたら」と話している。

 会場は横浜赤レンガ倉庫1号館・3階ホール。15時30分開場、16時開演。入場料は、前売=3,500円、当日=4,000円。問い合わせは横浜赤レンガ倉庫1号館(TEL 045-211-1515)まで。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?