3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

初開催「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」開幕-障害者とアーティストの協働表現探る

クリシー・喜陽さん、高津会さん、森田かずよさんによる「FIRST CONTACT」オープニングプログラムパフォーマンスの公開ゲネプロの様子。森田さんにとって義足を付けずに全てを踊る初の試みだという

クリシー・喜陽さん、高津会さん、森田かずよさんによる「FIRST CONTACT」オープニングプログラムパフォーマンスの公開ゲネプロの様子。森田さんにとって義足を付けずに全てを踊る初の試みだという

  • 0

  •  

 障害者とアーティストが協働して創作・表現するアートの祭典「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」が8月1日、開幕した。

オープニングセレモニーでは手話通訳も実施された

 「ヨコハマトリエンナーレ2014」の「創造界隈拠点連携プログラム」の一つとして象の鼻テラス(横浜市中区海岸通1)で開催される同展は、鋭い知覚や能力のある障害者と、多様な分野のプロフェッショナルが協働することで、新しい芸術表現を生み出すことを目指す「もうひとつのトリエンナーレ」。3年ごとの発展的な開催を見据え、初開催の今年は「ファースト・コンタクト」をテーマに展示やワークショップ、パフォーマンスなどさまざまなプロジェクトを展開する。

[広告]

 主催は横浜市文化観光局、同健康福祉局、象の鼻テラスを運営するスパイラル(ワコールアートセンター)などからなる横浜ランデヴープロジェクト実行委員会とNPO法人「スローレーベル」。

 会場ではアーティストの井上唯さんと障害の有無を問わず800人以上の一般参加者が制作した、形状保持ヤーンを用いたインスタレーション作品「whitescaper」のほか、ファッションブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」のデザイナー・森永邦彦さんによる音を奏でる特殊な糸で作られた巨大なシャネルジャケット「聞く服」、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」の生地に港南福祉ホームの人々が刺繍を施した「sing a sewing」、障害者の個性的な織り方にアーティストの岩崎貴宏さんが市内の建築物を介入させた織物作品、自閉症者や発達障害者・知的障害者へのヒアリングからインスパイアされた現代芸術活動チーム「目」による作品「世界に溶ける」などを展示する。

 8月13日には、聴覚障害のダンスチーム「SOUL FAMILY」とクリエーター集団「ライゾマティクス」の真鍋大度さん・石橋素さん、デバイスエンジニアの照岡正樹さん、アプリ開発者の堤修一さんによる触覚デバイス作品「music for the deaf(耳の聴こえない人のための音楽)」の体験型プレゼンテーションを実施。電気刺激で触覚に変換した音楽に合わせてSOUL FAMILYがダンスするショートデモンストレーションのほか、技術を紹介するトークを行う。参加は無料。申し込み締め切りは8月6日。

 総合ディレクターの栗栖良依さんは「単に障害のある人の作品を飾るのでなく、超人的な感覚を持ち合わせた人と多様な分野のプロフェッショナルがコラボすれば、まったく新たな作品が生まれるのではないかというところから始まっている。今回は準備期間が短くまだ未完成の作品が多いが、3年後には見たことのない表現になっていると思う」と話す。

 会期は11月3日まで(コア期間は9月7日まで)。開館時間は10時~18時。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?