見る・遊ぶ

横浜みなとみらいホールで台北発オペラ「梧桐雨」-記念演奏会も

歌劇「梧桐雨」より

歌劇「梧桐雨」より

  •  

 横浜みなとみらいホール(横浜市西区みなとみらい2)で6月21日、台北発の歌劇「梧桐雨(ごとうう)~楊貴妃物語~」が上演される。

歌劇「梧桐雨」記者発表会の様子

 「梧桐雨」は、楊貴妃と玄宗皇帝の愛の物語。今回は、台北市出身の女流作曲家メイ=チー・チェンさんの代表作である室内オペラ「梧桐雨」を、中国文学を基に幻想的かつ絵画的な現代オペラとして上演する。

[広告]

 同公演は、横浜みなとみらいホールが実施している音楽を通じた国際文化交流事業「パートナーシップ・ミュージック・プロジェクトwith台北」の一環。同作品はニューヨーク・シティ・オペラをはじめ、台北や北京で上演されている。

 オペラは、「愛の宣言」「音楽」「嘆きの夜・誓い」「宴と反乱」「没落」「鐘と悲嘆・救いと再会」の6場で構成。政治の謀略で愛する楊貴妃を失った玄宗皇帝が、来世より現れた楊貴妃と再会を果たし、愛に祝福される。原語(中国語・フランス語・ドイツ語)上演、日本語字幕付・演奏会形式。

 出演は、楊貴妃役=秦貴美子さん(ソプラノ)、玄宗皇帝役=平良交一さん(バリトン)、高力士役=京劇俳優(台北)の劉承恩さん、李白役=台湾歌手の唐美雲さん(男役)ほか。指揮は樋本英一さん、演奏は管弦楽「梧桐雨室内合奏団」。

 秦さんは「90パーセント中国語で書かれたオペラは正直大変だったが、平良さんと2人で現地で集中的に音楽にのせて中国語をトレーニングした。この作品を通して西洋のオペラと東洋のオペラの融合に魅力を感じている。多くの日本人に現代のオペラと中国語のオペラ、愛の物語を楽しんでほしい」と話している。

 会場は横浜みなとみらいホール・大ホール。15時開演(開場14時20分)。チケットは、A席=5,000円、B席=3,500円。

 6月12日には、関連イベントとして、横浜マリンタワー(中区山下町15)で横浜マリンタワーde歌劇「梧桐雨」記念演奏会&レクチャーを開催。秦さんと平良さんの演奏会、作曲家メイ=チェンさんによるレクチャーを実施する。会場は3階マリンタワーホール(16時スタート)。入場料無料。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?