買う

元町仲通りにオーガニックコットンを使用したベビー用品専門店「奏kanade」

「奏kanade」オーナーの川崎真紀さん

「奏kanade」オーナーの川崎真紀さん

  •  
  •  

 横浜元町クラフトマンシップ・ストリートに2月22日、タオル職人が作ったオーガニックコットンを使用したベビー用品専門店「奏kanade」(横浜市中区元町5、TEL 045-664-5332)がオープンした。

 オーガニックコットンタオルの素材の優しさに、デザインの遊び心を加えた製品ラインナップが特長。オーナーの川崎真紀さんは「毎日の生活にやすらぎと笑顔の時間を奏でてほしい」という願いから「奏」という店名をつけたという。店舗面積は45平方メートル。

[広告]

 商社に10年近く勤め、車部品の工場を東南アジアに誘致するなどの仕事を担当していた川崎さんは、数をさばく過酷な輸入が現地の労働環境を厳しくしている現実を目の当たりにしたという。日本のいいものを日本からもっと発信していくこと、生産者から使う人までみんなが笑顔になれるモノづくりと商品を提供していくことを次第に考えるようになり、個人でできる「モノ作り職人の技術継承」を模索していたところ、一年前に今治タオルと出会った。その商品コンセプトやデザインに魅了され、今治のタオルメーカーに直談判して提携を取り付け、起業に至った。

 商品は、500円くらいの小物から幅広く用意する。売れ筋は出産祝いの「ベビーギフトセット」(5,000円~)、クリップで留めるとスタイにもなる丸いハンカチ「3daysスタイセット」(2,520円)など。おすすめは大人っぽいデザインの「パイルバスローブ」(8,610円)。今後はオリジナル商品の展開も予定している。

 川崎さんは「タオルは毎日使うもの。毎日の忙しい生活のなかで一瞬でもやすらぎの時間をつくるお手伝いをしたい。本物の追求に拘っていきたいというコンセプトを掲げて店を持ったので、本物を知るお客様が集まる元町で勝負をしていきたい」と話す。

 営業時間は11時~19時。月曜定休(祝日の場合翌日)。

SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?