新型コロナ関連速報:市内148人/県内318人…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

国土交通省が「相鉄・JR直通線」「相鉄・東急直通線」の計画変更を認定

都市鉄道利便増進事業 神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)

都市鉄道利便増進事業 神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)

  • 0

  •  

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜市中区、略称=鉄道・運輸機構)は3月25日、「相鉄・JR直通線」と「相鉄・東急直通線」の速達性向上計画の変更について、国土交通省より認定されたと発表した。

 「相鉄・JR直通線」は、相鉄線の西谷駅(保土ケ谷区)とJR東海道貨物線・横浜羽沢駅(神奈川区)付近間に約2.7キロの連絡線を新設し、相鉄線とJR横須賀線・湘南新宿ラインが相互直通運転を行う。運行区間は海老名駅(相鉄本線)および湘南台駅(相鉄いずみ野線)~西谷駅~羽沢駅(仮称)~大崎駅~目黒駅~渋谷駅から新宿駅方面につながる。

[広告]

 同事業は、2009年10月に工事施工認可を受け、2010年3月25日に起工式を行い工事を進めている。当初、2015年4月の開業を目指していたが、JR東海道貨物線との接続部の工事の遅れなどにより、開業は3年遅れの2018年度内となる。事業費は、法令・基準の改正や工法の変更などにより、予定していた約683億円から約782億円に増える。整備主体は鉄道・運輸機構。運行頻度は、朝ラッシュ時間帯=4本/時程度、その他時間帯=2~3本/時程度。

 また、「相鉄・東急直通線」は、JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近に新設される羽沢駅(仮称)から東急東横線・目黒線日吉駅までの約10キロメートルの路線で、新横浜駅(仮称)、新綱島駅(仮称)の2駅を新設する。羽沢駅~新横浜駅間の建設工事を相鉄が、新横浜駅~日吉間の建設工事を東急が行う。

 整備期間は2019年3月までで、開業は2019年4月の予定。整備主体は鉄道建設・運輸施設整備支援機構で、営業主体は相鉄と東急。事業費は約1,957億円。運行頻度は、朝ラッシュ時間帯10~14本/時、その他の時間帯は4~6本/時程度の運行を予定している。相鉄・東急直通線の計画内容に変更はない。

 両路線の整備により、横浜市西部、神奈川県央部と東京都心部の地域間の速達性が向上し、広域鉄道ネットワークの形成や新幹線アクセスの向上が図られるとともに、横浜駅や東海道線などの既設路線の混雑緩和や乗換え回数の減少、沿線地域の活性化などに寄与することが期待される。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース