見る・遊ぶ

ドックヤードガーデンでディズニー作品テーマの「プロジェクションマッピング」

Happy Christmas featuring “Disney The Little Mermaid”

Happy Christmas featuring “Disney The Little Mermaid”

  •  
  •  

 横浜ランドマークタワーのドックヤードガーデン(横浜市西区みなとみらい2)で11月7日から、壁面を使った空間演出「180度体感型プロジェクションマッピング」の第2弾として、ディズニー映画「リトル・マーメイド」をテーマにした映像「Happy Christmas featuring “Disney The Little Mermaid”」をクリスマス期間限定で投影している。

 プロジェクションマッピングは、プロジェクターを使って空間と映像を合成する空間演出の手法。かつて造船所のドックとして使われていたドックヤードガーデンの独特の形状を生かし、高さ約10メートル、横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影する。

[広告]

 今回のプロジェクションマッピングは、ディズニーの名作「リトル・マーメイド」の世界をイメージして制作したオリジナル映像作品。クリスマスの雰囲気に合うロマンチックなシーン構成で、人魚姫のアリエルやエリック王子、海の魔女「アースラ」などのキャラクターが登場し、立体絵本のページをめくるようにストーリーが展開していく。上映時間は約4分。

 6日の先行上映会には約300人の一般客が招待され、劇団四季ミュージカル「リトルマーメイド」の出演キャスト、竹内一樹さんがゲストとして登場。エリック役を務める竹内さんは、「ミュージカルには、名曲の『アンダー・ザ・シー』をはじめ素晴らしい楽曲の数々が使われていて、心から楽しくなれると思う。中でも、海中のシーンはおもしろくて特に見所が多い。ドックヤードガーデンのプロジェクションマッピングを見て、ぜひミュージカルにも足を運んでほしい」と語った。

 上映は12月25日まで。投影は1日5回実施(18時30分~、19時10分~、19時50分~、20時30分~、21時10分~)。各回定員は500人で、3階スカイガーデン入口で整理券を配布する。入場無料。発券方法や休止日など詳細はホームページで。

 プロジェクションマッピング第2弾の期間中は、ランドマークプラザ1階ガーデンスクエアに、ディズニーキャラクターのバルーンオーナメントをあしらった高さ約9メートルのクリスマスツリー「Happiness Balloon~マーメイドが舞い降りる~」を設置するほか、横浜ランドマークタワー展望フロア「スカイガーデン」(69階)で、音楽をテーマにディズニーの魅力を紹介するレコードジャケットアート展「Happiness Music Walt Disney Record Museum」を開催する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?