mass×mass関内で「メタルDIY」ワークショップ-金属加工を実体験

関東精密の杉田勇さん。イベントではドリルを研いだり、ステンレスの板に穴を開ける作業を実演・体験する

関東精密の杉田勇さん。イベントではドリルを研いだり、ステンレスの板に穴を開ける作業を実演・体験する

  •  
  •  

 コワーキング・スペース「mass×mass 関内フューチャーセンター」(横浜市中区北仲通3) で9月28日、自社製品開発のためのクラウドファンディング活用事例についてのパネルディスカッションと、金属加工の実体験ワークショップ「メタルDIYワークショップ」が開催される。

「メタルDIY」設置予定のロフトスペース

 モノづくり系クラウドファンディングサービス「zenmono(ゼンモノ)」で寄付募集中の町工場の担当者をゲストに招き、寄付金獲得に向けた努力や注意すべきリスクなどについて情報共有を行う。

[広告]

 今回は、工場内ロフトを改装し、金属加工のDIYができるスペース「メタルDIY」を準備中の関東精密(都筑区)代表・杉田勇さんを迎え、メタルDIYに設置予定の機械の一部で金属加工の実演・体験も行う。聞き手はゼンモノを運営するenmonoの三木康司さんと宇都宮茂さん。

 三木さんは「DIYに興味があるが、金属加工はハードルが高いと感じている人や、親子連れにも来てもらい、金属加工の面白さを感じてもらえれば」と話している。

 開催時間は13時~16時。参加費1,000円。定員50人。申し込みはホームページから。

 「メタルDIY」は、治具、ゲージなどの精密加工や自動車部品を手がける関東精密が自社工場内に今年11月にオープン予定の本格的な金属加工を行える「金属版コワーキングスペース」。金属加工アドバイザーの指導を受けながら、ボール盤、溶接機、切断機、倣い刻字機などの機材を使用することができる。現在、ゼンモノで内装工事費を募っている。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?