食べる

横浜東口に「バベル・ベイサイド・キッチン」-クラフトビールとグリル料理

「バベル・ベイサイド・キッチン」店内の様子

「バベル・ベイサイド・キッチン」店内の様子

  •  
  •  

 横浜ベイクォーター2階に4月15日、チャコールグリルとクラフトビールのレストラン「Babel bayside kitchen(バベル・ベイサイド・キッチン)」(横浜市神奈川区金港町1、TEL 045-440-1155)がオープンした。

島国スタウトと相性のよい「豚肩ロースのコーヒーグリエ」

 同店では、国内外のマイクロブルワリーから取り寄せたクラフトビールとこだわりの炭火料理を中心に提供する。店内はアンティーク調の家具を取り入れた落ち着いた雰囲気で、大きなカウンターには12連のビアタップを備える。店舗面積は約198平方メートル。席数は店内60席、テラス席60席。客単価はランチ1,500円、ディナー3,500円。

[広告]

 同店のおすすめメニューは、バベルサラダ(880円)、野菜といろいろ豆のトマト煮(880円)、魚貝と海老のアヒージョ(580円)、鮮魚のカマ スパイス焼(1,280円)、オリエンタル・リブ(1,280円)、豚肩ロースのコーヒーグリエ(1,480円)など。ランチメニューは定番メニューを含む5種類を用意する。

 カウンターには計12タップが並び、厳選クラフトビールを入れ替えで提供。現在の銘柄は、常陸野ネスト ペールエール(400円~)、サンクトガーレン 湘南ゴールド(450円~)、ベアードビール 島国スタウト(450円~)、ベアレン シュバルツ(450円~)、ストーンIPA(450円~)ほか。

 同店のマネジャー増井貴光さんは「水辺の景色をたのしめるオープンテラス席は、これからのシーズンにおすすめ。ビールに合うスパイスを使ったバベルならではのお料理とビールの相性を楽しんでもらえたら」と話している。

 営業時間は11時~23時(ランチ11時~14時30分ラストオーダー)。ビールのテークアウトあり。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?