新型コロナ関連7日:県内2日連続3千人超え

見る・遊ぶ

神奈川芸術劇場で新作舞台「耳なし芳一」―宮本亜門さん演出

制作発表の様子(左より、宮本亜門さん、益岡徹さん、山本裕典さん、安倍なつみさん、橋本淳さん)【撮影=阿部章仁】

制作発表の様子(左より、宮本亜門さん、益岡徹さん、山本裕典さん、安倍なつみさん、橋本淳さん)【撮影=阿部章仁】

  • 0

  •  

 KAAT 神奈川芸術劇場(横浜市中区山下町281)で、4月13日から演出家・宮本亜門さんによる新作舞台「耳なし芳一」が上演される。

[広告]

 同劇場では「NIPPON文学シリーズ」として、KAAT初代芸術監督の宮本亜門さんが掲げる「我々はなぜ生きるのか、どのようにして生きるのか」というビジョンを実現する作品づくりを2011年から展開。今年はシリーズ第3弾として、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)原作の「耳なし芳一」を舞台化する。演出は宮本さん、台本は劇団タカハ主宰で若手脚本家の高羽彩さんが担当。

 小泉八雲はアイルランド人の作家、教育者、ジャーナリストで、日本文化の紹介者でもある。1890年4月4日に雑誌社の特派員として横浜に到着した。宮本亜門版「耳なし芳一」では、小泉八雲が登場し、平家物語の弾き語りを得意とする盲目の琵琶法師・芳一との会話を軸に物語が展開する。古典劇のほか、映像や人形による演出も交えながら、八雲が世界を巡った末にたどり着いた、目に見えないものと共存する日本の良さを表現していくという。

 3月1日には、同劇場アトリエで制作発表を兼ねた関係者の初顔合わせを実施。稽古始めとして、キャストの山本裕典さん、安倍なつみさん、橋本淳さん、益岡徹さんらによる台本の読み合わせが公開された。芳一役を演じる山本さんは「亜門さんとお仕事をしたいと思っていた矢先に声が掛かり、運命を感じた。芳一特有の演技や琵琶の演奏、昔の言葉遣いなど課題はたくさんあるが、キャストやスタッフの方々との出会いを大切に自分なりの芳一を演じたい」とコメント。

 また、宮本さんは「NIPPON文学シリーズでは、日本が持つ本来の日本の心というものを探りたいと思っている。『耳なし芳一』は2008年からやりたいと思っていた作品。人間の本質に触れ、人間の心の闇も素晴らしいのだということを感じていただけるような舞台にしたい」と話している。

 公演期間は4月13日~4月21日。チケットはS席8,500円、A席6,500円。公演時間は日程による。問い合わせは神奈川芸術劇場(TEL 045-662-8866 :チケットかながわ)ほか。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース