3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く

関内で「横浜のキニナル」を発信する「はまれぽ.com」編集長がトーク

「はまれぽ.com」(文芸社)の表紙

「はまれぽ.com」(文芸社)の表紙

  • 0

  •  

 シェアオフィス「さくらWORKS<関内>」(横浜市中区相生町3)で2月13日、ウェブマガジン「はまれぽ.com」の編集長・吉田信輔さんをゲストに迎えたトークイベント「ラボ図書環オーサートークVol.3」が開催される。

 「はまれぽ.com」は、読者から寄せられた「横浜市内の気になる情報=キニナル」をもとに、編集部が調査・取材して記事を掲載する「横浜のキニナル情報が見つかるWEBマガジン」。2010年11月にサイトを開設し、「政治・経済」「グルメ」「娯楽・文化」「教育・育児」「生活・健康」「インタビュー」などのカテゴリーで調査リポート記事を掲載している。昨年12月には、「30歳以上の人がセーラー服を着て来店すればラーメンが無料?」「”神奈川のサグラダ・ファミリア”と名高い横浜駅の完成はいつ?」などの人気記事を厳選・収録した書籍版を刊行した。

[広告]

 今回のイベントは、さくらWORKS<関内>を運営する、まちづくりNPO「横浜コミュニティデザイン・ラボ」による会員制図書館「ラボ図書環」が企画する、新刊本の著者などをゲストに迎えるトークシリーズの第3弾。吉田編集長のほか、「はまれぽ.com」ライターの松宮史佳さん、桐生由美子さん、山口愛愛さんも参加し、ヨコハマ経済新聞編集長の杉浦裕樹が聞き手となって、横浜の魅力について語る。

 吉田さんは「『はまれぽ.com』は、ガイドブックにはない横浜の魅力が詰まった本。サイトで公開してから時間の経っている記事のその後も再取材し、掲載している。読者の皆さんと直接お話できる機会もあまりないので、いろいろと質問にお答えできれば」と話している。

 開催時間は19時30分~21時。参加費は2,050円(書籍代含む、書籍を購入しない場合1,000円)。申込み方法など詳細はラボ図書環オーサートークVol.3のフェイスブックページで。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?