見る・遊ぶ

アメリカ山公園で初のXmasイベントー山手、元町、中華街、山下エリアと連携

アメリカ山公園のイルミネーション(イメージ)

アメリカ山公園のイルミネーション(イメージ)

  •  
  •  

 みなとみらい線元町・中華街駅屋上の「アメリカ山公園」(横浜市中区山手町1)で、11月23日からクリスマスイルミネーション「Sweet Memory in アメリカ山公園」が始まる。

 ブリキのおもちゃ博物館館長の北原照久さんが実行委員長を務めるSweet Memory in アメリカ山公園実行委員会が、同エリアの活性化を目的に山手、元町、中華街、山下エリアのイルミネーションと連携して開催する。アメリカ山公園が4月にグランドオープンして以来、初のクリスマスイベント。

[広告]

 期間中は、大小約8万個のLED電飾を使用し、芝生広場に植樹された高さ約7メートルのモミの木、園内の樹木、休憩スペースの屋根、エスカレーター塔屋にイルミネーションを装飾する。

 23日は17時より、林文子横浜市長、同実行委員長の北原さんらを迎えた点灯式を実施。フェリス女学院大学音楽学部演奏学科声楽専攻「フェリスフラウエンコーア」によるクリスマスキャロルのアカペラ演奏も行われる。

 当日は17時30分に、アメリカ山公園のほか、元町商店街、横浜中華街、石川商店街、ホテルニューグランド、横浜マリンタワー、マリーンルージュ、マリーンシャトル、日本郵船氷川丸、ブリキのおもちゃ博物館、山手西洋館のイルミネーションを一斉点灯する。

 同実行委員会事務局の横浜高速鉄道の担当者は「マリンタワーの展望台からアメリカ山公園がよく見渡せるという環境を生かし、エスカレーターの塔屋にプレゼントの箱を模したライトアップを演出する。このプロジェクトがクリスマス気分を盛り上げ、横浜の新たな冬の風物詩の一つになれば」と話している。

 アメリカ山公園の点灯時間は18時~23時。12月31日まで。

 アメリカ山公園は、みなとみらい線「元町・中華街駅」の駅舎上部を増築し、建物上部を公園、隣接する丘陵地を園地として一体的に整備した全国初の立体都市公園。元町山手地区に位置し、エレベーターとエスカレーターで元町と丘の上の山手を結ぶ。面積は5,519平方メートル。

 屋上園地には、アメリカと縁のあるアメリカハナミズキの並木や、バラ、クレマチスなどの草花、宿根草、コニファーなどを植栽し、西洋風庭園として整備している。明治初頭の米国公使館ゆかりの地であり、戦後は米軍の施設用地として利用されるなどアメリカと縁のある地であることから「アメリカ山」と名付けられた。入園料無料。開園時間は6時~23時。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?