天気予報

9

4

みん経トピックス

「横浜都市文化ラボ」が開講横浜文体でプロレス大会

原鉄道模型博物館で「いちばんテツモパーク」撮影イベント

  • 0
原鉄道模型博物館で「いちばんテツモパーク」撮影イベント

「いちばんてつもパーク」©原鉄道模型博物館

写真を拡大 地図を拡大

 世界的な鉄道模型の製作・収集家である原信太郎さんの鉄道模型コレクション約1000両を展示する「原鉄道模型博物館」(横浜市西区高島1)は、10月1日から「いちばんテツモパーク フォトウィーク」を開催している。

 同博物館で11月に開催予定の写真展にちなんだ企画。期間中は、一番ゲージ(縮尺約1/32)の室内の鉄道ジオラマとしては世界最大級の面積(約310平方メートル)の一番ゲージジオラマ「いちばんテツモパーク」を自由に写真撮影することができる。

 いちばんテツモパークは、一番ゲージの蒸気・電気・トロリーの軌道が走る巨大なレイアウトで、横浜の姉妹都市であるフランス・リヨン市のリヨン駅をモチーフとした駅舎を構えるなどヨーロッパの風情を感じられる造りになっている。1周約70メートル、線路数6本、総延長は約450メートル。原さんがコレクションしてきた模型が走る。

 今回は、応募作品の写真から選ばれた優秀作品を、同博物館のホームページや博物館内のパネル展示などで紹介する。展示は11月7日~12月3日を予定。応募締切は10月22日。採用された撮影者には、日産スタジアムJリーグ観戦ペアチケットや同博物館ペア入館券がプレゼントされる。

 事業主である三井不動産の広報担当者は「多くの鉄道ファンのリクエストにお応えし、通常は撮影のできない『いちばんテツモパーク』の撮影を楽しんでいただく絶好の機会です。是非ふるってご応募ください」と話す。

 開館時間は11時~18時(最終入場17時30分)。火曜休館(祝日の場合は翌日)。料金は大人1,000円、中学・高校生700円、小人(4歳以上)500円。フォトウィークは10月14日まで(16時~18時)。

 7月10日にオープンした原鉄道模型博物館は、9月2日に来館者10万人を突破した。同館は、「鉄道の日」実行委員会の日本鉄道賞表彰選考委員会による第11回「日本鉄道賞」の選考の結果、「鉄人」特別賞を受賞。10月15日の第19回「鉄道の日」記念祝賀会(会場:ホテルグランパシフィック LE DAIBA)で受賞の表彰式が行われる。

 今後は、鉄道開業140周年記念として、大正時代の大阪市電切符や昭和21年の引揚乗車票など、原さんが所蔵する大正から昭和20年代の切符を紹介する特別企画展「鉄道切符展」を開催する。会場は多目的ルーム。開催期間は10月17日~12月17日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜歴史資産調査会は、「野毛都橋商店街ビル」(横浜市中区宮川町1)を歴史的建造物として保存活用するため、公益財団法人横浜市建築助成公社から寄贈を受けて所有することになった。同ビルは、1964年の東京オリンピックを契機として野毛周辺などの路上で営業していた露店などを収容するために、同年に建設された共同店舗。2016年12月に横浜市登録歴史的建造物に登録された。現在、横浜野毛商業協同組合が管理運営を行い、約60の店舗が営業している。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング